広告 ダークファンタジー(話題) チェンソーマン

チェンソーマン:完結?最終回の最後のラストシーンの結末!第2部のあらすじ|ファンが徹底考察!?

この記事では、アニメ・漫画沼20年のたかねぎがチェンソーマン:完結?最終回の最後のラストシーンの結末!第2部のあらすじ|ファンが徹底考察!?のご紹介をしています。

たかねぎ

「チェンソーマン」の最終回、あの衝撃のラストシーンが忘れられない。ファンとしては、第2部への期待が高まる。この結末について、徹底考察してみたいと思います。

チェンソーマンとは

出典:チェンソーマン アニメ
出典:チェンソーマン アニメ

『チェンソーマン』は、革新的な漫画の世界を切り開いた作品です。藤本タツキ先生により生み出されたこの漫画は、『週刊少年ジャンプ』での連載を経て、『少年ジャンプ+』で続編が展開されています。

その特徴は、一般的な少年漫画のヒーロー像を覆す「ダークヒーロー」、デンジの存在にあります。彼は、「チェンソーの悪魔」の力を手にし、非凡な活躍を見せる主人公です。

作品の舞台は、凶暴で過激なシーンが目立ち、予測不能な展開に富んでいます。これは、読者に新鮮な驚きとスリルを提供し、強い印象を残します。

また、チェンソーというアイテムの使用は、ホラー映画へのオマージュを感じさせ、独特の雰囲気を醸し出しています。藤本先生は、スプラッター映画にインスピレーションを受けたと公言しており、その影響は明らかです。

この漫画の成功は、累計発行部数2600万部を超えるほどであり、その人気はテレビアニメ化にもつながりました。2022年には、アニメ版も放送され、さらに多くのファンを獲得しています。

チェンソーマン(第一部):あらすじ

出典:チェンソーマン 原作
出典:チェンソーマン 原作

主人公の少年、デンジは亡き父の残した借金を返済するために、悪魔であるポチタと共にデビルハンターとして働きます。デンジは普通の生活を望みながらも、借金返済の道のりは容易ではありませんでした。

物語は一転し、デンジはヤクザに裏切られ、「ゾンビの悪魔」によって命を落とすことになります。しかし、ポチタがデンジの心臓となり、彼は「チェンソーの武器人間」として復活します。

デンジは新たな力を手に、ゾンビの集団を退けます。その後、公安のデビルハンターであるマキマによって彼は保護され、東京の公安本部に移動します。

公安で、デンジはマキマの命令のもと、先輩の早川アキや「血の魔人」パワーと共に生活を始めます。彼らは「銃の悪魔」の討伐を目指し、多くの敵と戦います。デンジは悪魔でありながら人々のために戦う姿が評価され、ヒーローとして見られるようになります。

チェンソーマン(第一部):完結?最終回までのネタバレを含むストーリーをご紹介

チェンソーマン(第一部):1巻〜2巻(出会い編)をご紹介

ある夜、ヤクザと契約したゾンビの悪魔によってデンジは危機に陥りますが、ポチタの犠牲によって奇跡的に復活。チェンソーの力を手に入れます。

その後、マキマと名乗る女性に出会ったデンジは、公安のデビルハンターとして新たな生活を始めることに。先輩ハンターの早川アキとの出会いは衝突を生むが、彼らの間には徐々に信頼が芽生え始めます。

デンジはまた、同僚の魔人・パワーとの関係にも挑戦します。パワーは悪魔に連れ去られた愛猫「ニャーコ」を救うため、デンジを利用。しかし、最終的にデンジはコウモリの悪魔に勝利し、パワーとニャーコを救います。

この物語の魅力は、主人公デンジが直面する厳しい現実と、その中での成長です。彼は様々な困難を乗り越え、人間と悪魔の間で自分の道を見つけていきます。しかし、デンジの心は戦いによって徐々に疲弊していきます。「

こんなものか」という彼の言葉は、勝利の後の虚無感を象徴しているかもしれません。

チェンソーマン(第一部):2巻〜3巻(永遠の悪魔編)をご紹介

チェンソーマン(第一部)の2巻から3巻では、息をのむ「永遠の悪魔編」が展開されます。この物語の主人公、デンジは、マキマから最強の悪魔「銃の悪魔」の討伐任務を受け、成功すれば願いを一つかなえるという約束をされます。

この約束は、デンジに新たな決意をもたらし、物語の核心部分へと導きます。

物語は、銃の悪魔の肉片を摂取した悪魔の出現と共に緊迫の展開を見せます。デンジと特異4課のメンバーは、この危機に立ち向かいます。中でも、姫野がデンジに悪魔を倒せばキスするという挑発的な約束をする場面は、緊張感の中にも軽快さをもたらします。

しかし、彼らが対峙するのはただの悪魔ではありません。永遠の悪魔によって8階に閉じ込められた彼らは、逃れるためにはデンジの犠牲が必要とされます。

この状況下で、新人のコベニはデンジを殺そうとするも、デンジはチェンソーマンとして抵抗を続けます。そして、3日間の戦いの末、永遠の悪魔はデンジに自らの命を絶つことを懇願します。

任務から帰還した後の新人歓迎会では、デンジは姫野からの深いキスを受けるも、酒のせいで展開は思わぬ方向へと進みます。このエピソードは、厳しい戦いの後の一服の清涼剤のように物語に彩りを加えます。

この2巻から3巻は、デンジの成長と仲間との絆の強さを描く、チェンソーマンの重要な節目です。

チェンソーマン(第一部):3巻〜5巻(サムライソード編)をご紹介

物語は、4課のメンバーが謎の敵に襲われる場面から始まります。マキマが京都出張に向かう中、デンジたちの前に「銃の悪魔」の命を受けたソードマンと謎の女が現れます。

彼らの圧倒的な力に、早川は「呪いの悪魔」の力を使うも失敗し、戦意を喪失してしまいます。姫野は「幽霊の悪魔」に身を捧げ、トレードマークの眼帯を残して消え去ります。

この悲劇により、早川は新たに「未来の悪魔」と契約を結び、姫野の敵討ちに燃えます。一方、デンジとパワーは岸辺のもとで特訓を重ねます。4課は結束を固め、敵に立ち向かう決意を固めます。

最終決戦では、早川が姫野を殺した沢渡と対峙します。沢渡は「幽霊の悪魔」を使役し、早川は未来の悪魔の力で善戦します。しかし、幽霊の悪魔の手にかかりそうになる早川は、姫野とのタバコの思い出を思い出し、「Easy revenge!」のメッセージを見て奮起します。

最終的に、早川は幽霊の悪魔を倒し、デンジもソードマンを捕えることに成功します。こうして、激しい戦いは幕を閉じました。

このエピソードは、登場人物たちの成長と葛藤がリアルに描かれ、読者の心を強く揺さぶります。次巻への期待が高まる展開です。

チェンソーマン(第一部):5巻〜6巻(レゼ編)をご紹介

この物語は、主人公デンジが、サメの魔人ビームと共に新たな出会いを経験する場面から始まります。レゼと名乗る少女との出会いは、デンジにとって刺激的なものであり、彼女はやがて彼の心の中で重要な存在になっていきます。

この巻では、デンジとレゼが花火大会に出かけるシーンが描かれます。ここでレゼはデンジに驚くべき提案をしますが、その後の出来事が二人の関係を一変させることに。レゼの真の姿が明かされ、デンジとの間に起こる衝撃的な戦いが展開されます。

ビームの助けを借りつつ、デンジは生き延びようと奮闘しますが、ボムの圧倒的な力に苦戦を強いられます。

最終的には、デンジがボムを海に落とすことに成功し、一時の平和が訪れます。しかし、レゼが再び意識を取り戻した際、マキマによる予期せぬ展開が待ち受けています。この部分は、読者に強い印象を与えること間違いありません。

この巻を読むことで、『チェンソーマン』の世界観の深さと、キャラクターたちの複雑な感情の機微をより深く理解することができるでしょう。デンジとレゼ、そしてビームの関係性の変化は、読者に多くの感動を与えるはずです。是非、手に取ってみてください。

チェンソーマン(第一部):7巻〜8巻(海外からの刺客編)をご紹介

チェンソーマンの第一部、7巻と8巻は、海外からの刺客編と呼ばれ、息をのむ展開が待っています。失恋に悩むデンジは、マキマの旅行の誘いによって一時的に元気を取り戻します。

しかし、テレビ報道でチェンソーマンの存在が公になると、事態は一変します。各国の暗殺者やデビルハンターたちがデンジを狙い始め、安全のために計画された旅行は中止となります。

デンジは公安の監視下に置かれますが、やがて自身が餌として使われていることに気付きます。この間、ドイツのサンタクロースや中国のクァンシなど、強力な敵が登場し、物語はより一層の緊張感を帯びます。

サンタクロースは人間を操る「人形の悪魔」の力を持ち、クァンシは驚異的な戦闘能力で敵を次々と倒していきます。

クライマックスでは、デンジと暗殺者たちの激しい戦いが繰り広げられます。サンタクロースは自害し、デンジたちを地獄に送り込みます。地獄では「闇の悪魔」が登場し、さらなる恐怖が展開されます。

トーリカはデンジの心臓を使ってマキマを倒す力を手に入れますが、サンタクロースの真の目的はマキマの殺害だったことが明らかになります。

最終的に、マキマが登場し、デンジたちは地上に戻されます。デンジとクァンシは共闘し、サンタクロースを打ち倒します。この二巻は、アクション、サスペンス、そして予測不可能な展開が詰まった、チェンソーマンシリーズの中でも特に印象深い部分です。

読者はこの激動の物語に、きっと夢中になります。

チェンソーマン(第一部):9巻〜10巻(真相編)をご紹介

早川の葛藤から始まる物語は、彼が銃の悪魔討伐戦への参加を決意するところで一気に加速します。早川は自身とパワーがデンジによって破壊される未来を見てしまうのです。この予言を避けるため、彼は天使の悪魔と共にマキマのもとを訪れ、助けを求めます。

物語はさらに深みを増していき、アメリカ大統領が登場します。大統領は国民の寿命を犠牲にして銃の悪魔と契約を交わし、マキマを討つよう依頼します。ここで物語はクライマックスへと向かいます。

日本に上陸した銃の悪魔はマキマと激しい戦いを繰り広げますが、一方で早川は銃の悪魔に乗っ取られ、デンジと対峙します。デンジは早川を止めるために、やむなく彼を貫く決断をします。

このシリーズでは、登場人物たちの心情が繊細に描かれています。特に早川の葛藤や決断は、読者に深い共感を呼び起こすでしょう。また、マキマの計算された行動は読者を驚かせます。彼女はデンジを利用して自らの目的を達成しようとするのです。

物語の終盤では、デンジがマキマの計略にはまり、彼女の犬と化してしまいます。そして、岸辺率いるマキマ討伐隊が登場し、物語はさらなる高みへと昇りつめます。

チェンソーマン(第一部):完結?最終回、原作のネタバレを含むストーリーをご紹介


『チェンソーマン(第一部)』の終幕は、驚きと興奮の連続でした。原作のネタバレを含む、この物語の最終回をご紹介します。

主人公のデンジは、悪魔マキマとの死闘を繰り広げます。マキマは彼の心臓からチェンソーの悪魔・ポチタを引き抜き、勝利を手にしたかのように見えました。しかし、デンジは再び立ち上がり、マキマに決定的な一撃を加えます。これが、デンジとチェンソーマンの真の力の証明でした。

デンジは、マキマを倒すため、彼女を「生姜焼き」にして食べるという、驚くべき方法を選びます。この行為は、ただの攻撃ではなく、愛の表現とされました。デンジは、マキマと一つになることで、彼女の願望を叶える道を選んだのです。

しかし、マキマの物語はそこで終わりではありませんでした。彼女は「ナユタ」という少女として生まれ変わり、デンジの世話を受けることになります。この展開は、チェンソーマンの世界観を反映しており、登場人物たちが求める「平和」を暗示していると言えます。

チェンソーマン(第一部):最終回、話題①マキマの正体をご紹介

謎に包まれていたマキマの正体が遂に明らかになりました。彼女は「支配の悪魔」としての存在を示し、その強大な力を持って物語を引っ張ってきました。

内閣総理大臣と直接契約を交わし、人間とは異なる不死の特性を持つ彼女は、自らの力を駆使して多くの出来事を操ってきました。

マキマの能力は、自分より劣ると認識した者を完全に支配するというものです。彼女の価値観に基づき、ほぼ全ての者を支配下に置くことが理論的に可能です。彼女は早川アキの未来の悪魔や天使の悪魔などをも支配し、自分の意のままに使役してきました。

しかし、チェンソーマンに対しては「勝てない」という印象を持ち、彼に対する支配は不可能であることが示唆されています。チェンソーマンの「名前の存在をこの世から抹消する能力」は、マキマの支配する力にも匹敵する強大なものです。

物語の中でマキマは「4人の騎士」の一人としての役割を持っている可能性があり、彼女の発言からはさまざまな推測が生まれています。その強さと独特な存在感は、作品の重要な要素となっており、彼女の行動一つ一つが物語の鍵を握っていました。

最終回において、マキマの正体と彼女が抱える深い謎が明かされ、物語は新たな局面を迎えます。彼女が持つ「支配」という能力は、チェンソーマンの世界観を象徴するものであり、ファンにとっては忘れがたい存在です。

チェンソーマン(第一部):最終回、話題②マキマの目的は?をご紹介

「チェンソーマン」の物語の中で、マキマの存在は圧倒的です。彼女の目的は、作中で徐々に明らかになり、読者を驚かせました。彼女の強さは異常で、人類最強とされた元デビルハンターのクァンシすら敵ではありませんでした。

マキマはただの悪魔ではなく、支配の悪魔です。この事実は、彼女の行動や目的を理解する上で重要なポイントです。

彼女の目的は一見、理想的です。「チェンソーマン」の力を使って、より良い世界を作りたいと考えています。戦争や飢餓などの概念を消し去ることで、平和な世界を実現しようとしているのです。

しかし、彼女の真の意図はもっと複雑で、深いものがあります。マキマは、チェンソーマンの能力を使って、全ての世界を完全に支配することを望んでいるのです。

そのためには、デンジとポチタ(チェンソーマン)の契約を破棄する必要があります。彼女は、デンジを絶望のどん底に追いやることで、チェンソーマンを強制的に呼び出そうとしました。

アキやパワーといった「家族」をデンジに与え、残酷な方法で奪ったのも、この目的のためでした。

チェンソーマン(第一部):最終回、話題②ポチタ=チェンソーマン?をご紹介

チェンソーマンの物語の中で、ポチタの正体が明かされるシーンは、ファンにとって衝撃的なものでした。地獄のヒーローとして知られるチェンソーマンは、恐怖と憎悪、崇拝の対象となる独特な存在です。この驚異的なキャラクターの背景には、深い物語が隠されています。

ポチタの正体がチェンソーマンであることは、地獄での彼の行動からも理解できます。彼は、救いを求める声に応え、悪魔を容赦なく排除するという、恐ろしい役割を担っていました。この行動が、彼に対するさまざまな感情を生み出しています。

チェンソーマンは、通常、地獄での死後に現世に復活するとされていますが、マキマの言葉から、彼が瀕死の状態で現世へ逃れた可能性が示唆されています。これは、彼の物語に新たな側面をもたらします。

さらに注目すべきは、チェンソーマンの特殊能力です。彼が食べた悪魔の存在をこの世から消すことができるという能力は、物語の第2部で重要な役割を果たすと予想されています。この能力により、彼の周囲の状況や関係性が大きく変化するでしょう。

まとめると、チェンソーマン、特にポチタの正体に関するこれらの事実は、物語の深みと複雑さを増しています。

チェンソーマン:アニメ(最終回)、のネタバレを含むストーリーをご紹介

アニメ「チェンソーマン」の最終回は、ファンの心をとらえる圧巻の内容でした。主人公デンジは、サムライソードとの再戦で、見事な逆転劇を見せてくれます。このシーンは、アニメならではの迫力ある演出が光ります。ビルを突き破るアクション、電車の車体を舞台にした戦いは、息をのむ迫力です。

沢渡が操るゴーストの悪魔に苦しめられるアキ。彼の苦悩と決意が、物語に深みを与えます。アキの脳裏に浮かぶのは、姫野との大切な記憶。その思い出が、彼を窮地から救う鍵となります。

デンジの「獣が狩人の言葉を信じるな」というセリフは、彼の成長を象徴しています。また、ピンチを逆転する姿は、まさに主人公らしい魅力を発揮。サムライソードを捕獲した後の、デンジ考案の「キン◯マ蹴り大会」は、コミカルな一幕を提供します

作者藤本タツキのコメントも、ファンを楽しませています。アキとデンジのやり取りは、物語の軽快さと深みを同時に表現しています。ED後のセリフは、アニメ続編への期待を高めるものでした。「レゼ」の登場と、声優上田麗奈の演技が、ファンの心をとらえます。

まとめると、この最終回は、アクション、感動、ユーモアが絶妙に組み合わさったエピソードでした。

チェンソーマン(第一部):最終回、ネタバレ①マキマが復活!をご紹介

最終回のクライマックスで、デンジはマキマを異常な方法で克服します。驚くべきは、彼女が「生姜焼き」としてデンジに食されること。マキマの攻撃への無効性を打破するため、デンジは彼女を体内に取り込むという極端な手段に出ます。

さらに衝撃的なのは、マキマの肉体がハンバーグやカレーなど、さまざまな料理に変わるシーン。これらは読者にとって悪趣味に映るかもしれませんが、漫画の持つ独特の表現力を感じさせます。そして、マキマの消失とともに、デンジは彼女との一体感を「愛」と表現。これは、彼の成長と内面の変化を示す重要な瞬間です。

一方で、マキマは「支配の悪魔」として生まれ変わり、少女「ナユタ」となって再登場。岸辺が彼女を日本に連れて帰り、デンジは新たな役割を担うことに。ポチタの言葉によれば、マキマは「他者と対等な関係」を望んでいたことが明らかに。彼女の行動は、ただの悪ではなく、深い願望から生まれたものだったのです。

最終的に、デンジはマキマ、すなわちナユタを愛情深く受け入れる。この血みどろの物語は、意外なほど温かいハッピーエンドで幕を閉じます。

チェンソーマン(第一部):最終回、ネタバレ②マキマと一つになった!をご紹介

デンジがマキマとの戦いを終えた後、彼は彼女の肉を調理し、食べるという衝撃的な選択をします。これは、ただの勝利ではなく、彼らの関係性の奥深さを示す象徴的な行為です。

味噌汁、生姜焼き、ハンバーグなど、デンジは愛を込めてマキマを料理します。これは、彼の葛藤と愛情の深さを表していると言えるでしょう。実は、この行為は「マキマへの攻撃が日本国民の死に変換される」という恐ろしい契約を無効にするカギとなります。デンジの愛が、支配の悪魔という恐ろしい存在に勝利したのです。

このシーンは、ただのグロテスクな描写にとどまらず、デンジの内面と彼がマキマへ抱く複雑な感情を深く掘り下げています。彼は彼女を嫌うことができず、愛情を持ち続けていたのです。最終的に、2人は文字通り1つになることで、物語に完璧な結末をもたらします。

チェンソーマン(第一部):最終回、ファンの今後の展開予想!をご紹介

「チェンソーマン」の最終回を受け、ファンの間では今後の展開について様々な予想が飛び交っています。特に注目されているのは、銃の悪魔の生存に関する議論です。

銃の悪魔はデンジによって倒されたかに見えましたが、完全な死ではなかったかもしれません。海外の情勢や悪魔の肉片の存在が、今後のストーリーに重要な役割を果たすと考えられています。

また、パワーとデンジの契約についても大きな話題です。パワーは「血の悪魔」として再び現れるでしょう。彼女の再登場は、デンジの心情に大きな影響を与えるはずです。彼にとってパワーは家族同然。彼女を救うための旅が、第2部のキーポイントになる可能性が高いです。

最後に、ファンの間で期待されているのが、「4人の騎士」の登場です。これまでにマキマ、すなわち支配の悪魔のみが明らかにされていますが、残りの「死」「戦争」「飢餓」を象徴する悪魔たちの登場が予想されます。彼らの強大な力と物語への影響は、想像するだけでワクワクします。

こうした予想は、ファンの間での熱い議論を生んでいます。これからの展開に期待が高まるばかりです。

チェンソーマン(第一部):最終回、第2部がある?あらすじをご紹介

2020年、多くの名作が連載を終えた少年ジャンプですが、チェンソーマンはまだ続きます。第1部「公安編」の終了にも関わらず、第2部の開始が決定。これはファンにとってはまさに朗報です。

第1部の最終回では、主人公デンジが学生服姿で登場。これが、第2部「学園編」への伏線だったとは驚きです。物語の舞台が学園に移り、新たな展開に期待が高まります。

登場人物の一人、三鷹アサは、悪魂と契約し、チェンソーマンとの対峙を運命づけられます。彼女は、デンジと同じ高校で学びながら、互いの正体を知らないまま親交を深めていくことに。この複雑な関係が、物語に深みを加えます。

読者としては、チェンソーマンの第2部がどう展開するのか、非常に楽しみです。第1部の終わり方から、第2部には大きな期待が寄せられています。新しい舞台、新しい登場人物たちの関係性がどう描かれるのか、目が離せません。

チェンソーマン(第一部):最終回、作者のコメントや少年ジャンプの他連載作者からのコメントを一部ご紹介

チェンソーマンの最終回は、漫画ファンの間で大きな話題となりました。この作品の魅力は、その独特な世界観やキャラクターにありますが、作者の藤本タツキ先生のコメントもまた、読者の心を掴んで離しません。

藤本先生は、自身の作品を「ドロヘドロ」と「呪術廻戦」のパクリのようだと自虐的に評しました。このユーモア溢れるコメントは、読者に笑いを提供し、先生の人柄の良さを感じさせます。

また、他の少年ジャンプ連載作家からも、チェンソーマンに対する称賛の声が多数寄せられました。『僕のヒーローアカデミア』の作者、堀越耕平先生は、チェンソーマンを「革新的な漫画」と評し、新しい風を巻き起こしたことに感謝の意を表しました。

呪術廻戦の芥見下々先生も、「全コマがカッコ良かった」と絶賛。このように、同業者からも高い評価を受けていることが、チェンソーマンの特別な存在感を物語っています。

しかし、中堅漫画が多く完結し、新連載が始まる中でのチェンソーマンの終わりは、どこか寂しさも感じさせます。短い連載期間ながら、多くのファンを魅了し、漫画業界に新たな色を加えたことは間違いありません。

藤本先生の一言、そして他の作家からの暖かいコメントは、チェンソーマンの終わりを彩るにふさわしいものでした。

たかねぎとして、チェンソーマンの最終回に直面できたことを嬉しく思います。

チェンソーマン(第一部):最終回を体験したファンの感想・考察をご紹介

出典:チェンソーマン デンジ
出典:チェンソーマン デンジ

『チェンソーマン』の第一部が終わったこと、たくさんのファンにとっては衝撃的だったはずです。この作品は、独特な世界観とキャラクターで、私たちを驚かせ続けました。最終回は、その結末に対するさまざまな感想が飛び交っています。

この物語は、週刊少年ジャンプの2021年2号で完結しました。約2年間にわたる連載で、読者を引き付ける魅力を放ち続けてきました。最終回の巻末コメント「じゃあねー」という一言が、そのシンプルさで話題を呼びました。

『チェンソーマン』は、暴力的でグロテスクな描写が多いことで知られていますが、その中にも魅力的な女性キャラクターが登場し、ストーリーを豊かにしています。主人公のデンジは、狂気じみた行動を取りながらも、成長する姿が見え、感情移入をしました。

作品の展開は、サクサクと読めるペースで進むため、一気読みしたくなるような魅力があります。しかし、キャラクターが突然消えることもあり、そのドライな死の描写は、物語に独特な色合いを与えています。

特に、アニメ化された『チェンソーマン』は、映像での表現がまた一味違った魅力を放っています。キャラクターの感情や成長が、よりリアルに感じられます。

私、たかねぎとしては、この物語の奇抜な設定と展開に魅了された一人です。『チェンソーマン』は、少年漫画の枠を超えた新感覚の作品だと思います。

漫画とアニメを電子書籍・VODサービスで楽しむなら

たかねぎ

以下がおすすめの電子書籍・VODサービスです。

漫画(電子書籍サービス)

無料漫画が豊富!【まんが王国】一般コミックLP

たかねぎ

まんが王国について・評判やデメリット・メリットが気になる方は、以下の記事をご覧ください

まんが王国:評判が悪い?ネット民の口コミやメリット・デメリットをご紹介

\毎日最大50%還元・期間限定最大80%ポイント還元/

まんが王国:公式ページ

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

新規登録で6冊70%OFF

ebookjapan:公式ページ

国内最大級の総合電子書籍ストア【BookLive(ブックライブ)】

マンガ1万冊以上がまるごと1冊無料で読めます。

BookLive:公式ページ

アニメ(VODサービス・サブスクリション)

エンタメ・アニメが見放題!【DMM TV(DMMプレミアム会員登録)】 *SEO用

\アニメ5,500作品以上配信中/

DMM TV:公式ページ

【U-NEXT ユーネクスト】※商品リンクあり

\35万本以上の動画を配信しております。/

U-NEXT:公式ページ

【Hulu フールー】

\人気映画・ドラマ・アニメなど100,000本以上!! /

Hulu:公式ページ

【Hulu | Disney+ セットプラン(フール― | ディズニー)】

\Huluとディズニープラスのセットプランが誕生/

Hulu | Disney+ セットプラン

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たかねぎ

幼少の時から漫画やアニメに触れ、100タイトル以上体験しています。アニメ・漫画を通して人生を豊かになってほしいと考えています。私は、アニメ・漫画のおかげで友人も増えましたし、人生においても救われてきました。お世話になったアニメ・漫画を知ってもらうお手伝いのつもりで情報発信をしていきます。

-ダークファンタジー(話題), チェンソーマン
-