広告 SF・アクション(話題) テラフォーマーズ

テラフォーマーズ :連載再開!完結?最終回の最後のラストシーンの結末!|ファンが徹底考察!?

この記事では、アニメ・漫画沼20年のたかねぎがテラフォーマーズ :完結?最終回の最後のラストシーンの結末!|ファンが徹底考察!?のご紹介をしています。

たかねぎ

「テラフォーマーズ」、まだ完結していないこの物語の結末を、ファンならではの視点で予想しました。様々な角度から予測を立ててみます。

テラフォーマーズ:連載再開!週刊ヤングジャンプにて発表!をご紹介

待望の復活、『テラフォーマーズ』が5年半ぶりに連載再開。週刊ヤングジャンプにて発表されたこのニュースは、ファンにとってまさに驚きの出来事です。

たかねぎ

『テラフォーマーズ』の連載再開、本当に嬉しいです!この作品の独特な世界観とスリリングな展開が大好きで、新しいエピソードを待ち望んでいました。これからの展開に期待が膨らみますね。

テラフォーマーズ とは

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】
引用元:ebookjapan

「テラフォーマーズ」とは、貴家悠(原作)と橘賢一(作画)両先生による日本のSF漫画です。2011年に『ミラクルジャンプ』誌で連載が開始されました。この作品は、火星のテラフォーミングで進化した人型ゴキブリ「テラフォーマー」と、特殊な手術を施された人間たちの戦いを描いています。

この物語は、2011年から『ヤングジャンプ』にも掲載され、その人気は急速に拡大しました。2012年の新連載では、『ミラクルジャンプ』版の20年後を舞台にした話が展開され、読者を引き込みました。

2013年には、「このマンガがすごい!オトコ編」で1位を獲得するなど、数々の賞を受賞しました。

さらに、2014年にはテレビアニメ化され、OVAも制作されました。2016年には実写映画化され、その影響力をさらに拡大しました。原作者の貴家悠さんが病気療養のため、一時休載も経験しましたが、作品への熱い思いは読者にも伝わり、その後の連載再開を心待ちにするファンも多いでしょう。

テラフォーマーズは、ただのバトル漫画ではなく、人間の生存をかけた壮大な戦いと、そこに込められたメッセージが魅力です。累計部数は2200万部を突破するなど、その人気は絶大です。

ebookjapan:テラフォーマーズ 紹介ページ

テラフォーマーズ :あらすじ

無料漫画が豊富!【まんが王国】一般コミックLP
引用元:まんが王国

テラフォーマーズのあらすじをご紹介します。西暦2577年、国連航空宇宙局の指示で、火星に向かった宇宙船バグズ1号の乗組員は、人間大のゴキブリ「テラフォーマー」に襲われます。乗組員は全滅し、その惨事は秘密にされました。

2599年、再び火星に派遣されたバグズ2号の乗組員たちもテラフォーマーの襲撃に遭い、苦戦を強いられます。バグズ手術によって昆虫人間へと変身した彼らは、テラフォーマーとの死闘を繰り広げるのです。

2620年、100名の乗組員を乗せた大型宇宙艦アネックス1号が火星に送り込まれました。テラフォーマーの襲撃により、乗組員は分散し、それぞれの班が再集結を目指します。

しかし、火星の環境やテラフォーマーの強大な力に苦戦を強いられ、多くの犠牲を出します。アネックス1号は敵に占拠され、乗組員たちは生き残りをかけて戦います。

一方、地球では、バグズ1号を奪ったテラフォーマーが侵攻を開始していました。2621年、火星から帰還した燈と他の生存者たちは、民間警備会社に所属し、テラフォーマーとの戦いを続けます。

日本近海での大規模な攻撃を受けた後、米軍と中国軍は手を組み、人類とテラフォーマーの全面戦争が始まるのです。

まんが王国:テラフォーマーズ 紹介ページ

テラフォーマーズ :完結している?2018年から休載をご紹介

テラフォーマーズは、2018年のヤングジャンプ52号を最後に休載となりました。この作品は、アニメ化やゲーム化、さらに実写映画化もされた人気作です。だけど、気になるのはその完結の有無ですよね。

現在、最新刊は2018年に発売された22巻。それ以降、新しい展開はまだ見られません。

たかねぎとしては、この作品の再開を切望しています。私のようなファンにとって、物語の行方が気になるところです。たしかに、5年以上の休載は長い。でも、作品への愛は変わりません。作者の思いや、これからの展開に期待を寄せる毎日です。

この休載は、多くのファンにとって大きな疑問を残しています。完結はしていないけれど、ファンとしては作品の世界に再び没入したいですよね。私は、この作品がまた動き出す日を楽しみにしています。

それまでの間、22巻までの物語を何度も読み返し、テラフォーマーズの魅力を再確認しています。

テラフォーマーズ :完結?打ち切りと噂される理由①原作者が病気?をご紹介

2018年12月、人気作品「テラフォーマーズ」の休載が発表されました。原因は、原作者・貴家悠先生の病気療養です。ファンの間では、先生の健康を心配する声が多く聞かれます。

この発表前、貴家先生は雑誌インタビューや公式ガイドブックで元気な姿を見せていたため、休載のニュースは多くのファンに衝撃を与えました。先生の具体的な病状は公表されていませんが、長期療養が必要という点から、深刻な健康問題を抱えていることが推測されます。

漫画家の間で見られる病気には、冨樫病や頚椎症性神経根症、心労などがあります。これらは、長時間の作業やストレスが原因で起こることが多いです。特に、人気作品の連載、アニメ化や映画化などで忙しい日々を過ごしている作家にとって、健康管理は大きな課題となります。

たかねぎとして、私は貴家先生の早期回復を願っています。先生の作品は、多くの人に影響を与え、喜びを提供してきました。だからこそ、先生の健康は何よりも大切なのです。ファンとして、私たちは先生の健康を第一に考え、休載を支えるべきです。

そして、元気になった先生の作品をまた読める日を心待ちにしております。

テラフォーマーズ :完結?打ち切りと噂される理由②作者が死亡した?をご紹介


テラフォーマーズの作者、貴家悠さんの突然の休載は、多くのファンに衝撃を与えました。病気療養のための休載とのことですが、具体的な病名や病状は公表されていません。これにより、未完のまま終わるのではないかという不安が広がっています。

作画を担当されていた橘賢一先生も、2019年12月20日を最後に、貴家悠さんに関する言及を避けています。この沈黙が、さらに憶測を呼んでいます。一部では、「作者が死亡したのではないか」という噂も流れています。

しかし、これは確かな情報に基づくものではありません。

私たちファンとしては、作者の健康を第一に願うばかりです。漫画の続きを待ち望む心は強いですが、作者の回復が最も重要です。その上で、作品がいつか完結することを心から願っています。

テラフォーマーズ :完結?打ち切りと噂される理由③中国からの圧力?をご紹介

この作品では、地球侵攻を開始するゴキブリたちが記者会見を行うシーンがあります。その際、中国の首脳が握手を求めるも、惨劇に見舞われるという衝撃的な展開が描かれています。

また、中国側の裏工作や貧困差のリアルな描写も見られ、これが中国からの圧力の原因ではないかとの噂が立っています。

実際、アニメ・漫画の世界においては、政治的な要素が作品の運命を左右することも珍しくありません。こうしたシーンが中国にとって不都合とされ、圧力がかかった可能性は否定できないでしょう。

しかし、これはあくまで憶測に過ぎず、公式な発表はありません。この作品が持つリアルな社会描写は、多くの読者に深い印象を残しています。

さて、このような背景を踏まえると、打ち切りの噂には一定の根拠があると考えられます。しかし、僕たちファンにとっては、作品の世界観やメッセージが大切です。政治的な圧力が介入することなく、作者の意図したストーリーが最後まで描かれることを願います。

テラフォーマーズ :完結?打ち切りと噂される理由④ファン考察の打ち切りで完結しない理由をご紹介

特にファンの間では、休載の背後に編集側のトラブルや原作者の意欲の低下があるのではという声が多く上がっています。この作品の火星編は名作との評価を受けながら、地球編には物語が難解であるとの指摘もあり、これが原作者の疲れや意欲の減退につながったとの見方もあります。

また、本来なら第二部で完結させたかった作品が、予定外の第三部まで引き伸ばされたことも、トラブルの原因として考えられます。作品のネタ切れや描写への飽き、これらが終了の要因になったとの考察も見受けられます。

そして、橘賢一さんの新連載「GIGANTIS(ジャイガンティス)」のスタートも、既存のコンビ解消の噂に火をつけ、さらには作者の健康懸念や最悪の場合の死亡説まで、ネット上で話題となりました。

これらの事実を鑑みると、作品の完結は単純な結末ではなく、さまざまな外部要因や作者自身の心境の変化が絡んでいると考えることができます。

テラフォーマーズ :完結?連載再開はいつ頃か予想をご紹介

テラフォーマーズの最新刊、22巻が発売されてから、続編を待ち望む声が高まっています。23巻は、もともと2019年の発売が予定されていたものの、残念ながら延期となりました。

連載の再開も未定で、作画を担当する橘賢一先生が新連載をスタートさせたことから、23巻の発売は2024年以降と見られています。

この物語の魅力は、独創的な世界観と迫力ある展開にあります。登場するキャラクターたちの葛藤や成長が、読者に深い感動を与えてきました。今から新刊の発売を心待ちにしている方も多いことでしょう。

しかし、連載再開が未定な現状では、23巻の発売時期は予測が難しい状況です。

そんな中、たかねぎとしては、新刊発売までの間、既に発売されている巻を読み返すのがおすすめです。再読することで、忘れかけていたストーリーの細部や登場人物たちの魅力を再発見できるはずです。

また、登場人物たちが直面する困難や葛藤を通じて、人生の大切な教訓も学べるかもしれません。

テラフォーマーズ :完結?最終回(最新話)までのネタバレを含むストーリーをご紹介

テラフォーマーズ ストーリー
テラフォーマーズ ストーリー

宇宙の進出は人類の夢でした。その夢が現実となり、火星での生活が始まります。地球の過密化を解決するため、火星の環境改造計画が進行中です。その一環として、火星に苔とゴキブリが放たれました。この行動は、予想外の結果を招きます。

火星は緑豊かな星となり、人類の住む場所として適してきましたが、同時にゴキブリの大量発生が問題となります。この危機に、地球から選ばれし者たちがゴキブリ退治のために火星へ向かいます。彼らは、地球の未来を守るため、勇敢にも立ち向かいます。

一方、地球では、テラフォーマーズが鹿児島・種子島・南鳥島を占領し、ロシア軍が彼らの一員である「祈る者」を研究目的で殺害します。しかし、そのテラフォーマーは生きており、研究員たちを襲います。ロシア大統領も戦いに挑むも、敗れ去ります。

火星では、ニュートン一家が影の力を持っています。新当主となったジョセフ・G・ニュートンは、世界征服を宣言します。物語は複雑な展開を見せ、22巻では、燈と小吉の戦いが描かれます。燈は天異変態という技術を駆使し、小吉に勝利します。

テラフォーマーズ :完結?最終回(最新話)のネタバレを含むストーリーをご紹介

テラフォーマーズの最新話は、休載から4年以上経ち、読者たちの間では待ち望まれる話題となっています。このストーリーは、切迫した状況の中で、サムライソードとハンニバルの戦いが繰り広げられています。戦闘シーンは、迫力に満ち、息をのむ展開が続きます。

サムライソードは、戦いの最中に「生命より価値のある物があるから戦いが始まり、生命より優れた物がないから戦争が終わる」という言葉を思い出し、深い考えにふけります。

そして、彼は自らの怒りと悲しみを力に変え、ハンニバルへの攻撃を続けますが、ハンニバルはそれを巧みに避けます。

一方、病室では小吉が大きな変化を遂げています。彼は失われたはずの左腕に感覚を覚え、M.O.H(モザイク・オーガン・ハイブリッド)技術による義手が装着されていることに気づきます。

この技術により、かつての戦闘能力を取り戻した小吉は、自らの戦いに参加する決意を固めます。

テラフォーマーズ :完結?最終回、あと何巻で完結するか予想をご紹介

スリリングな展開で読者を魅了してきた「テラフォーマーズ」が、ついにクライマックスに差し掛かっています。最新巻には、伏線が張られていないことから、物語は徐々に終結へと向かっていると考えられます。

緊迫するゴキブリとの戦いが地球編へと進展し、これが最終章であることが明白です。

ここでは、その終焉に向けて、どれぐらいの巻数が予想されるのかを考察してみましょう。物語はこれまでに多くの謎を散りばめてきました。これらの謎が解明される過程を考えると、おそらく30巻弱で完結する可能性が高いです。

最終章への移行は、これまでのストーリーの集大成であり、作者の緻密な筋立てが期待されます。

未だ明らかになっていない謎や、人類の存亡に関わる重大なテーマがどのように描かれるのか、その展開は非常に楽しみです。読者としては、物語の結末に向けてのワクワク感を抱えつつ、作者の想像力と創造力によってどのような結論が描かれるのか、期待を寄せることができます。

まとめると、「テラフォーマーズ」の完結はもう間もなく。最後まで目が離せない展開が待っていることでしょう。ファンとしては、最終巻の発売を心待ちにしています。

テラフォーマーズ :完結?最終回、ファン話題の未回収伏線①デザイナーズベイビーである燈の父親は?をご紹介

火星編で燈の出生の秘密が明らかにされた瞬間、ファンの間で様々な議論が交わされました。燈はデザイナーズベイビーとして生まれ、その父親の正体は長い間、謎に包まれていました。

ここでは、父親候補として挙げられるティンと小町小吉に焦点を当て、彼らがなぜ可能性が高いと考えられるのかを考察します。

ティンは名前の意味からも燈の父親候補として注目されています。彼の戦い方は燈のスタイルと共通点が多く、それが親子である可能性を示唆しています。一方、小吉は燈との接点が深く、特に火星編での彼の行動は父親としての保護本能を感じさせます。

興味深いのは、秋田菜々緒と小吉の名前が連想させる「あきたこまち」のお米と、燈と関連づけられる「ゆめあかり」というお米の関係です。「ゆめあかり」は「あきたこまち」を母に持つ品種であり、これが作者の意図した伏線である可能性は高いです。

燈の父親についての議論は、読者それぞれの解釈に委ねられていますが、ティンと小吉は有力な候補として考えられます。作者が用意した謎解きの一部を楽しむことが、この作品の魅力の一つです。今後の展開に期待が高まります。

テラフォーマーズ :完結?最終回、ファン話題の未回収伏線②致死率100%のAEウイルスに感染して生き残った少年は?をご紹介

注目すべき未回収の伏線があります。それは、致死率100%のA.E.ウイルスに感染しながらも生き延びた少年の存在です。このウイルスは火星由来で、燈の幼馴染である百合子やアシモフの娘ジーナも感染していました。

驚くべきことに、ワクチンがない状況での臓器移植を経て、完治して退院するという少年の適合者としての特異性が浮き彫りになります。

少年が持つA.E.ウイルスの抗体のメリットは明らかにされていませんが、この詳細な描写には重要な意味が隠されているはずです。さらに、少年が退院したことで患者が女性と子供だけになったという事実は、物語に新たな謎をもたらしています。

この少年は、物語の中で露骨な伏線として描かれていたため、これからどのように物語に組み込まれるか、伏線の回収が非常に楽しみです。漫画の再開が待ち遠しいと感じるファンも多いことでしょう。

「テラフォーマーズ」のファンとして、この少年の今後の活躍に目を光らせていることは間違いありません。

テラフォーマーズ :完結?最終回、ファン話題の未回収伏線③インヴォーカーの脳内が見ていたものとは?をご紹介

インヴォーカー、このキャラクターはテラフォーマーのボスとして地球に侵略し、地球編ではイワンに捕獲されてロシアで研究されていました。研究所での彼の扱いは、まさにサイエンスフィクションの世界そのもの。頭部と体が切断された状態で、主に脳みその研究が行われていたのです。

しかし、突如として彼の体部分が復活。頭部を奪還し、逃走するという劇的な展開がありました。

この出来事は、ただのアクションシーンではない深い意味があります。イワンの発言から、インヴォーカーが見ていた全てがデータとして取り込まれていたことが判明しました。これは、物語における大きな転換点となり得る重要な情報です。

しかし、インヴォーカーの脳内データを解析するには時間がかかります。ファンとしては、その全容が明らかになることを心待ちにしています。この伏線がどのように回収されるのか、物語の進展を大きく左右することは間違いありません。

「テラフォーマーズ」の世界は、まだまだ謎に満ちています。インヴォーカーの脳内が見ていたものが何であるか、その答えが物語の今後に大きな影響を与えることでしょう。ファンとしては、この先の展開が待ち遠しい限りです。

テラフォーマーズ :完結?最終回、ファン話題の未回収伏線④スニーカーズ<神奸達>の目的は何?をご紹介

スニーカーズは、テラフォーマー、中国軍、ニュートン一族が共同で結成した組織です。彼らは地球編で日本の守護勢力を苦しめましたが、それぞれの組織は感情で動くことはありません。最終目標の一歩手前で目的が一致したため、この奇妙な連合が成立したのです。

ニュートン一族の目標は世界征服と公にされていますが、他の組織の最終目標はまだ明らかにされていません。インヴォーカーは秘密裏に研究を進めており、中国の首相暗殺も行っています。

これらの行動から、スニーカーズが再結成し、活動を続けることはないと見られています。しかし、ニュートン一族以外の組織の最終目標が何であるかは非常に興味深い問題です。

ファンとしては、これらの組織がどのような未来を目指しているのか、そして彼らの計画がどのように物語に影響を与えるのかが気になります。結末に向けて、これらの謎がどのように解決されるのか、続報を待ち遠しく感じています。

テラフォーマーズの世界は、常に予測不可能な展開で私たちを驚かせてくれるので、最終回まで目が離せません。

テラフォーマーズ :完結?最終回、ファン話題の未回収伏線⑤ラハブの正体と目的は何?をご紹介

ラハブが彗星の衝突で消滅した旧第5惑星であり、かつて高度な文明を持っていたという情報を紹介します。ラハブの影響は地球や火星にも及んでおり、物語の中ではゴキブリの異常な進化が、ラハブの影響である可能性に言及されています。

この点は、ラハブが物語の中核に位置する重要な要素であることを示唆しています。

さらに、火星のピラミッド地下に仕込まれたA.E.ウイルスの存在もラハブと関連していると考察されています。この情報は、ラハブが地球人に対して敵意を持ち、人類を超越する存在の誕生を阻止しようとした証拠として提示されています。

火星の地下に人類を絶滅させるための罠を仕込んでいたという仮説は、ストーリーの新たな解釈を提供します。

最後に、物語中の「インヴォーカー」が目撃したものや、地球編で登場した「混ざりモン」と呼ばれる個体の出現も、ラハブの存在と深く結びついている可能性があります。

これらの要素は、物語全体の謎をさらに深める要因となっており、ファンの間で様々な議論を生んでいます。

テラフォーマーズ :完結?最終回、ファン話題の未回収伏線⑥ジャパンランキング1位は誰?をご紹介

「テラフォーマーズ」の世界には、火星編の「マーズランキング」に続き、地球編で「ジャパンランキング」という新たな指標が登場しました。このランキングは、警護対象を守る能力に焦点を当て、隊員たちの実力を評価するものです。

現在、このランキングの1位は謎に包まれたまま。一方で、2位にランクインした染谷龍大は、生身でテラフォーマーと戦えるほどの強さを持っています。この事実から、1位の存在がいかに恐ろしいかが想像できますね。

物語が進むにつれ、ピンチヒッターとして1位のキャラクターが登場するかもしれません。そのような展開になれば、ファンにとっては間違いなく熱いシーンになることでしょう。

また、注目すべきは、ジョセフ、龍大、ダン中尉の3人のキャラクターです。彼らの手術ベースがまだ明かされていないため、この伏線の回収も非常に楽しみです。

「テラフォーマーズ」は、隊員たちの背負う重い過去や、戦いの中で見せる人間性が魅力の一つです。ジャパンランキングの1位が誰であるかは、今後の物語に大きな影響を与えること間違いなしです。

ファンとしては、その謎が解き明かされる日を心待ちにしています。この物語の結末がどのように描かれるのか、引き続き注目していきたいと思います。

テラフォーマーズ :完結?最終回、ネタバレ①ゴキブリの正体は?をご紹介

ゴキブリの正体が明らかになりました。なんと、彼らは日本が開発した生物兵器だったのです。

この事実には驚きました。この作品は、表面的には宇宙を舞台にしたSFアクションですが、実はもっと深いメッセージが隠されているのです。ゴキブリはただの怪物ではなく、人間の野望の副産物であり、その存在は私たちに多くの問いを投げかけています。

物語はただのエンターテイメントにとどまらず、人間の欲望や科学の進歩に対する警鐘を鳴らしているのです。ゴキブリとは、私たち人間の内面を映し出しているかのようです。

この作品を通じて、私たちは自分自身と向き合い、今一度、科学技術の進歩と人間性について考える機会を得ることができます。

テラフォーマーズ :完結?最終回、ネタバレ②火星での戦いの生存者・死亡者をご紹介

火星での壮絶な戦いを生き抜いたメンバーと、残念ながら命を落とした者たちをご紹介します。

生き残ったのは、ミッシェル、鬼塚慶次、三条加奈子、アレックス、膝丸燈、柳瀬川八恵子、小町小吉、そしてジョセフの8人です。彼らの勇気ある戦いは、私たち読者に深い感銘を与えました。

特に、ミッシェルのリーダーシップと鬼塚慶次の熱い心は、困難な状況でも希望を失わせませんでした。

一方、劉、アドルフ、アシモフといった重要なキャラクターが犠牲になったことは、物語の重厚さを増す要素でした。彼らの死は、火星の過酷な環境とテラフォーマーとの戦いのリアルさを物語っています。アドルフの最後の瞬間は、特に心に残りました。

テラフォーマーズ :完結?最終回、アニメ3期はいつ?打ち切り?をご紹介

「テラフォーマーズ」のアニメ第二期が終了してから、ファンの間で話題になっているのが、第三期の可能性です。第二期は、いくつかの点で完結のような雰囲気がありました。たとえば、物語の進行の仕方や、キャラクターたちの結末など、最終回らしい演出が見られました。

しかし、一部では、最初から分割2期クールが予定されていたという声も聞かれます。これは、物語の展開が第二期で一区切りついたことを意味しているかもしれません。でも、完全な終わりとは言い切れない部分も残されています。

個人的には、第三期の可能性は低いと感じています。理由は、第二期の終わり方が、ある意味で物語の完結を示唆しているからです。さらに、新たなシーズンが制作されるには、さまざまな要因が重なる必要があります。たとえば、原作の進行や、ファンの反応、制作側の意向などです。

結論としては、「テラフォーマーズ」のアニメ第三期が制作されるかどうかは、現時点では不透明です。ファンとしては、引き続き情報を待つしかない状況ですね。もし新たな展開があれば、それはまた別のサプライズとなるでしょう。

今は、これまでのエピソードを楽しむことに集中するのが、ファンとしての一番の楽しみ方かもしれません。

テラフォーマーズ :完結?最終回、最後の結末予想!をご紹介

火星を舞台に繰り広げられる「テラフォーマーズ」の物語は、常に驚きと予測不能な展開で私たちを魅了してきました。この物語の最終回に向けた結末の予想を、私たかねぎが深掘りしてみたいと思います。

まず、ラハブの目的は「再びラハブの文明を再建すること」だと推測されます。ラハブ人が自らの消滅を予見し、遠い未来に向けての復活を計画した可能性が高いです。この計画には、A.E.ウイルス、人間、そしてゴキブリが鍵を握っていると考えられます。

特に注目すべきは、ゴキブリの進化です。火星の過酷な環境で人間の形に変化したゴキブリは、通常の進化論では説明がつきません。ここで、A.E.ウイルスの役割が重要になってきます。このウイルスには、ラハブ人のDNAが組み込まれており、ゴキブリを人型に進化させる鍵を握っているのではないでしょうか。

また、人間とゴキブリの関係性も重要なポイントです。火星にはA.E.ウイルスが、地球には人間とゴキブリが存在し、この相互作用がラハブ人の計画を成就させることになると思われます。つまり、ゴキブリは火星でウイルスに適合し、人間はゴキブリを通じてラハブ人へと進化する道を歩むという仮説が成り立ちます。

最終的には、ゴキブリから進化したラハブ人と人類の総力戦が、クライマックスを迎えることになるでしょう。この戦いを通じて、数々の謎が明らかになり、作中で張られた伏線が解消される展開が期待されます。私たちは、この壮大な物語の結末を、目を離せない緊張感とともに見守っていきたいですね。

テラフォーマーズ :完結?最終回(最新話)、ファンの感想・考察をご紹介

テラフォーマーズ 感想・考察
テラフォーマーズ 感想・考察

テラフォーマーズの魅力は、火星を舞台にした人類と進化したゴキブリの戦いにあります。読者として、その斬新な発想には驚かされました。特に火星編の展開は、緊迫感あふれるバトルとキャラクター達の成長が際立っています。

ただ、地球編に入ると、物語は少し難解になり、その変化に戸惑った人もいるかもしれません。

私たかねぎは、この作品の初期のシンプルながらも骨太なストーリーラインを好んでいます。第1巻の締めくくり方は、後にも先にも独特の魅力があると感じています。

しかし、テラフォーマーズの醍醐味は、進化するゴキブリとの戦いだけではありません。キャラクターたちの背景にあるドラマも見逃せません。

作者の病気療養により連載が中断されたことは、ファンにとっては残念なニュースでした。このため、現在出ている最終回には中途半端な印象を受けるかもしれません。

それでも、ファンの間では作品の結末を想像する投稿が盛り上がっています。これは、作品への深い愛情の表れだと思います。

未読の方にとって、これは追いつく絶好のチャンスです。テラフォーマーズは、その独特の世界観とキャラクターたちの魅力で、多くのファンを魅了してきました。

漫画とアニメを電子書籍・VODサービスで楽しむなら

たかねぎ

以下がおすすめの電子書籍・VODサービスです。

漫画(電子書籍サービス)

無料漫画が豊富!【まんが王国】一般コミックLP

たかねぎ

まんが王国について・評判やデメリット・メリットが気になる方は、以下の記事をご覧ください

まんが王国:評判が悪い?ネット民の口コミやメリット・デメリットをご紹介

\毎日最大50%還元・期間限定最大80%ポイント還元/

まんが王国:公式ページ

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

新規登録で6冊70%OFF

ebookjapan:公式ページ

国内最大級の総合電子書籍ストア【BookLive(ブックライブ)】

マンガ1万冊以上がまるごと1冊無料で読めます。

BookLive:公式ページ

アニメ(VODサービス・サブスクリション)

エンタメ・アニメが見放題!【DMM TV(DMMプレミアム会員登録)】 *SEO用

\アニメ5,500作品以上配信中/

DMM TV:公式ページ

【U-NEXT ユーネクスト】※商品リンクあり

\35万本以上の動画を配信しております。/

U-NEXT:公式ページ

【Hulu フールー】

\人気映画・ドラマ・アニメなど100,000本以上!! /

Hulu:公式ページ

【Hulu | Disney+ セットプラン(フール― | ディズニー)】

\Huluとディズニープラスのセットプランが誕生/

Hulu | Disney+ セットプラン

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たかねぎ

幼少の時から漫画やアニメに触れ、100タイトル以上体験しています。アニメ・漫画を通して人生を豊かになってほしいと考えています。私は、アニメ・漫画のおかげで友人も増えましたし、人生においても救われてきました。お世話になったアニメ・漫画を知ってもらうお手伝いのつもりで情報発信をしていきます。

-SF・アクション(話題), テラフォーマーズ
-