広告 ブラックジャック 日常(話題)

ブラック・ジャック:最終回の最後のラストシーンの結末!|ファンが徹底考察!?

この記事では、アニメ・漫画沼20年のたかねぎがブラック・ジャック:最終回の最後のラストシーンの結末!|ファンが徹底考察!?のご紹介をしています。

たかねぎ

ブラック・ジャックの最終回、最後のシーンがもつ深い意味を、たかねぎが徹底考察しました。手塚治虫の描くこの名作の終わりには、多くのメッセージが隠されています。その謎を解き明かす旅に、一緒に出かけましょう。

ブラックジャックとは

国内最大級の総合電子書籍ストア【BookLive(ブックライブ)】
引用元:BookLive

ブラックジャックは、天才外科医「間 黒男」が主人公の医療漫画です。無免許ながら神業とも言える手術技術で知られ、世界中にその名が轟いています。手塚治虫先生の漫画家生活30周年を記念して始まったこの作品は、最初は短期連載の予定でしたが、その人気により約10年間にわたる長期連載となりました。

この作品は、『週刊少年チャンピオン』の壁村耐三編集長の方針で読み切り形式で連載されました。手塚治虫先生の少年漫画としては1970年代の大ヒット作であり、同時に「医療マンガ」というジャンルを築き上げた金字塔でもあります。その影響力は、コミックスの国内累計発行部数が4766万399部にも上り、世界各国で出版されていることからも明らかです。

ブラックジャックは、手塚治虫先生のスター・システムによるオールスター出演を特徴としており、多くの既存キャラクターが登場します。本作品の中心となるのは、アウトサイダー的な存在として描かれたブラック・ジャック自身です。彼のキャラクターには、手塚先生自身の医学生時代の経験が反映されています。

また、連載当初は人気が低く、最下位に近い位置でしたが、徐々に人気を博し、50話目で2位に浮上しました。その後、『週刊少年チャンピオン』の黄金時代を支える柱の一つとなりました。単行本は、秋田書店の少年チャンピオンコミックスで発行され、愛蔵版や文庫版もヒットしました。

2023年には、連載開始50周年を記念して「TEZUKA2023 ブラック・ジャック 機械の心臓-Heartbeat Mark II」が発表され、手塚プロダクション所属のメンバーやAIを使用して制作された特別な読み切り作品となりました。ブラックジャックは、医療と生命のテーマを軸に、多くの読者に影響を与え続ける不朽の名作です。

BookLive:ブラックジャック 紹介ページ

ブラックジャック:あらすじ

ブラックジャック ストーリー
ブラックジャック ストーリー

医師免許を持たないが、その腕前は世界的に評価されているブラックジャック。彼は、医者としての腕は確かなものを持ち、高い治療費を要求することで知られています。彼が高額な治療費を求める背景には、自然保護や老人ホームへの寄付があります。

また、彼自身、幼少期に起きた悲劇的な事故で、母を亡くし、身体にも大きな傷を負っています。これが、彼が治療費を高額に設定する理由の一つです。

ブラックジャックは、ただの高額治療を要求する医者ではありません。彼の人間性は、時に無償で医療を提供することからも見て取れます。彼は、人と命に真摯に向き合い、患者一人一人の事情を深く理解した上で治療を行います。

このような彼の姿勢が、多くの人々から尊敬を集めているのです。

ブラックジャック:最終回(原作)は存在しないをご紹介

「ブラックジャック」は、その短編形式ゆえに、明確な最終回を持たない作品です。多くのファンが、1978年9月の『週刊少年チャンピオン』での第229話「人生という名のSL」を最終回として認識しています。

このエピソードは、連載終了の回として特別な意味を持ち、終わり方も最終回らしいものでした。しかし、そこからさらに13篇のエピソードが単発で描かれました。これらは「第何話」という形式を取らず、正規の流れには含まれないアナザーサイドのような位置づけです。

実際、1983年10月に発表された「オペの順番」が、執筆上の最後の作品となります。このことから、「ブラックジャック」には、伝統的な意味での最終回は存在しないと言えます。それぞれのエピソードが独立した物語として成立しており、終わりとしての決定的な線引きがないのです。

この作品の特異性は、ファンにとって大きな魅力の一つです。読者は、一つの終わりにとらわれず、多くの物語を自由に楽しむことができます。手塚治虫先生のこの作品は、その柔軟な物語性により、今も多くの人々に愛され続けています。

最終回がないことが、かえって「ブラックジャック」の不朽の価値を高めているのかもしれません。

ブラックジャック:最終回は諸説ある!をご紹介

手塚治虫先生の名作「ブラックジャック」。短編形式で描かれ、明確な最終回を持たないこの作品は、ファンの間で最終回についての議論が絶えません。それもそのはず、1978年に「週刊少年チャンピオン」で連載が終了した際の第229話「人生という名のSL」は、連載終了の回として、最終回とも受け取れる締めくくりを見せています。

しかし、その後も単発掲載された13篇のエピソードがあり、事実上の最後の作品とされる1983年の「オペの順番」まで、この物語は続いていたのです。

これらの単発掲載エピソードは、話数の表記がなく、正規の流れからは少し外れた位置づけで、アナザーサイド的なニュアンスを持っています。それゆえ、一般的には「人生という名のSL」を「ブラックジャック」の本編最終回と捉えても良いでしょう。

しかし、手塚治虫先生の作品には、常に予測不可能な展開と、深い人間ドラマが描かれており、定義すること自体が難しいのがこの作品の魅力です。

僕、たかねぎがこの作品を読んで感じたのは、終わり方一つをとっても手塚先生の深い洞察力と、物語への愛情を感じることができます。最終回が明確でないことは、読者に無限の想像力を与えるという点で、また一つの「手塚マジック」ではないでしょうか。

読者一人ひとりが、心に残る最終回を描く。それが「ブラックジャック」の魅力の一つだと思います。

ブラックジャック:最終回はなぜ謎なのか?をご紹介

ブラックジャックの最終回、その謎に迫ると、意外な事実が見えてきます。まず、この作品は短編集で、掲載順や収録作品が出版社ごとに異なるため、どのエピソードが最終回なのか、曖昧になっているのです。

例えば、講談社の「手塚治虫漫画全集」には、219話しか収録されていません。しかし、手塚治虫が描いた正規エピソードは242話あり、完全な収録を見つけるのは難しい状況なのです。

さらに、秋田文庫版や秋田書店版、講談社版では収録話数も異なり、混乱を招いています。これは、ファンにとっては非常に困難な問題です。しかし、2012年に「ブラック・ジャック大全集」が発売され、雑誌連載時の順番で収録されたフルサイズ&フルカラーの豪華版が登場しました。

これはファンにとって待望の一冊となり、ブラックジャックの全軌跡をたどることができます。

しかし、この本書でも収録話は239話に留まり、完全版とは言えない状態です。また、一部のエピソードは、表現の問題や著作権者の意向により、単行本化されていないため、未だに謎のベールに包まれています。これは、ブラックジャックがすべてのエピソードが単行本化されていない作品であることを示しています。

このように、ブラックジャックの最終回が明確でないのは、出版社による収録話数の違いや、掲載順番の混乱、そして未収録エピソードの存在が大きな要因です。ファンにとっては、これらのエピソードを追いかけるのも、また一つの楽しみと言えるでしょう。

ブラックジャックの世界を全て把握するのは難しいですが、その謎解きは、まさに冒険そのものです。

ブラックジャック:最終回、漫画のネタバレを含むストーリーをご紹介

無料漫画が豊富!【まんが王国】一般コミックLP
引用元:まんが王国

このエピソードは、まさにドラマチック。ガランとしたSLの車内で、主人公ブラックジャックの前に、かつての恋人・如月恵が現れるんです。そこには、ライバルのキリコもいて、さらには命の恩人である本間先生の姿も。そして、18歳に成長したピノコの美しい姿も現れます。

一見すると、このシーンはロマンスとサスペンスが混ざり合った感動的なものですが、実はこれ、全て夢の中の出来事だったんです。そう、夢オチ。天下の手塚治虫先生が描く作品で夢オチを使うとは、少し驚きますよね。実際、手塚治虫先生は「夢オチは認めない」と発言していたにも関わらず、このような終わり方を選んだのですから。

この夢オチについては、賛否両論あることは承知しています。「これは夢オチと呼ばない」「最終回としないからいい」という意見もありますが、個人的には夢オチはちょっと…。

手塚治虫先生の作品において、このような意外な終わり方がなされることは、ファンにとっては新鮮な驚きかもしれません。しかしながら、やはり最終回にふさわしい結末とは言い難いですね。

とはいえ、ブラックジャックの物語は、最終回に至るまで数多くの心温まるエピソードが詰まっています。夢オチで終わるこのエピソードも、その一つとして、手塚治虫先生の漫画の魅力を再確認させてくれるものだと思います。

まんが王国:ブラック・ジャック 紹介ページ

ブラックジャック:最終回(原作)、最後に執筆された「オペの順番」をご紹介


ブラックジャックの最終回「オペの順番」は、医療の本質を問う名作です。代議士の先生、赤ちゃん、猫が怪我をしたとき、誰を先に治療するか。ブラックジャックは猫から手をつけます。

代議士の先生はお金で優先順位を変えようとしますが、ブラックジャックは動じません。この決断には、手塚治虫の深いメッセージが込められています。

代議士は結局、ブラックジャックを訴えますが、物語の終盤には思わぬオチが。この展開は、読者に「気持ちいい~」と感じさせるでしょう。たかねぎはこの展開が大好きです。ブラックジャックは、命の重さをどう考えるかを示しています。彼の考えは、お金や地位ではなく、生命の希少性に基づいています。

特に印象深いのは、代議士よりも先に治療される猫の存在です。この猫は天然記念物で、代わりがいない重要な存在。手塚治虫は、人間だけでなく動物や自然にも命の重要性を認識しています。彼の作品は、自然破壊や環境問題に対する強いメッセージを含んでいると感じます。

ブラックジャックのこのエピソードは、ただの医療漫画とは一線を画します。生命の尊厳や倫理的な問題を深く掘り下げ、読者に考えるきっかけを与えるのです。この作品は、多くの人に読んでもらいたい名作です。

ブラックジャック21:最終回、アニメのネタバレを含むストーリーをご紹介

エンタメ・アニメが見放題!【DMM TV(DMMプレミアム会員登録)】 *SEO用

引用元:DMMTV

今回は「ブラックジャック21」の感動的な最終回について語らせていただきます。このエピソードは、スリルと感動が満載です。ボスの娘がスカイホスピタルに乗り込む場面では、息をのむ緊張感が漂いました。

彼女はブラックジャックを襲うも、ゼンマントクの介入により、悲しい同士討ちの末に命を落とします。このシーンは、アクションとドラマの見事な融合を見せてくれました。

さらに、重傷を負った蓮花の手術シーンでは、ブラックジャックの卓越した医術が光ります。彼女の心臓がヒュドラ式人工心臓であることが判明し、ブラックジャックはウイルスに対抗する新たな手段を見出します。ここでの彼の洞察力は、視聴者を驚かせるばかりではなく、深い感動をもたらします。

物語は、アメリカがスカイホスピタルを破壊しようとするクライマックスに達します。しかし、ブラックジャックの努力により、血清が間一髪で完成し、危機は回避されます。この緊迫した展開は、最後まで目が離せませんでした。

最終的にブラックジャックとピノコが帰国し、いつもの喫茶店で仲間たちと再会するシーンは、心温まるものでした。マスターの「おかえりなさい」という言葉には、深い絆と安堵の気持ちが込められています。そして、爆発で吹き飛んだ家に戻るブラックジャックの姿は、彼の不屈の精神を象徴しています。

DMM TV:ブラックジャック 紹介ページ

ブラックジャック:最終回、終了した理由は何?をご紹介

手塚治虫の名作「ブラックジャック」の最終回に隠された終了の理由は、意外なものでした。手塚治虫の息子、手塚眞氏によると、父は自身の作業空間を非常に大切にされていました。そこには、彼の創作活動の核心が秘められていたのです。

しかし、ある日、担当編集者が手塚治虫の許可なく仕事部屋に入ったことがありました。これにより、手塚治虫は深く怒り、その結果として「ブラックジャック」の連載終了を決意されました。

このエピソードは、クリエイターの作業環境への尊重の大切さを示しています。手塚治虫の怒りは、単なる感情的なものではなく、自分の創作に対する深い愛と尊重の表れだったと、たかねぎは思います。その決断は、今後のクリエイターたちにとって、創作活動の環境を大切にすることの重要性を伝えるものです。

たかねぎは、手塚治虫のこの行動から、漫画家としての姿勢や、作品への深い愛情を学び取ることができました。それは、ただ漫画を描くだけでなく、創作者としての責任と尊厳を持つことの大切さを教えてくれる貴重なエピソードです。

ブラックジャック:最終回、ネタバレ①ピノコの正体は何?をご紹介

この物語の中で、ピノコはただのキャラクターではなく、深い意味を持つ存在です。

ピノコの正体は、実は人間ではなく、畸形嚢腫として双子の姉の体内で18年間生き続けた存在でした。彼女は、主人公ブラックジャックによって摘出され、人工の身体を得ることで「生」を受け取ります。ここから彼女の新たな人生が始まるのです。

ブラックジャックのオクタン(奥さん)として、家事をこなし、また治療の助手としても活躍します。この設定は、単なるサイドキャラクターを超えた重要な意味を持ちます。ピノコの存在は、人工的な身体であっても、人間としての感情や意志を持ち得るということを示しています。

この物語は、私たちにとっても深いメッセージを持っています。人間とは何か、生命の意味とは何かを問いかけてくるのです。ピノコのキャラクターは、ただの畸形嚢腫ではなく、一人の人間としての尊厳を持つことを教えてくれます。

ブラックジャック:最終回、ネタバレ②片道切符をご紹介

ブラックジャックの最終話「人生という名のSL」は、深いメッセージを秘めた素晴らしいエピソードです。冒頭、主人公のブラックジャックは、なぜかSLに1人で乗車しています。そこに現れる車掌。ブラックジャックは切符を探すうち、自分の名前が記された片道切符を見つけます。このシーンは、人生の旅路を象徴しています。

物語では、SLが人生そのものを表していることが浮き彫りになります。人生は一度きりで、戻ることはできません。だから、SLの切符が片道なのです。これは、我々の人生もまた、前へ進むしかないということを教えてくれます。ブラックジャックが乗るSLは、人生の多くの遭遇や出来事を象徴しているのです。

この最終話は、人生の喜び、苦悩、出会い、別れなど、様々な側面を描いています。ブラックジャックが乗るSLは、彼の人生の旅を映し出しており、それはまさに我々自身の人生の旅と重なります。ブラックジャックがどんな人と遭遇し、どんな経験をするのか、それがこの物語の醍醐味です。

まとめると、ブラックジャックの最終話は、人生の旅というテーマを深く掘り下げた作品です。片道切符の象徴は、我々の一方通行の人生を見事に表現しています。ブラックジャックが経験する人生の多様性、それがこの物語の魅力であり、我々に多くのことを教えてくれます。

ブラックジャック:最終回、ネタバレ③車掌との会話

ブラックジャックの物語の最終回では、驚きのシーンが繰り広げられます。主人公の前に、ヒゲオヤジが車掌として登場。この車掌の姿は、手塚治虫作品のファンには見覚えがあるはずです。ヒゲオヤジ、実は手塚治虫の友人が描いた祖父の似顔絵がモチーフで、ブラックジャックに20回以上も登場しています。脇役ながら、作品に深い色を加える存在です。

このエピソードでは、ブラックジャックがヒゲオヤジの顔に見覚えを示します。車掌として現れたヒゲオヤジは、ブラックジャックに対し、仙台と新宿での出会いを語ります。また、ブラックジャックには専用の切符が用意されており、汽車は片道切符だという事実も明かされます。これは、ブラックジャックという物語の終着点を象徴しているかのようです。

手塚治虫先生は、最終回にヒゲオヤジを登場させることで、物語への愛情を表現しました。このシーンは、単なる車掌との会話以上の意味を持ちます。それは、ブラックジャックと彼を取り巻く世界への深い愛情の表れ。手塚治虫の作品を愛する私たかねぎにとっても、このエピソードは特別な思い入れがあります。最終回に相応しい、心に残るシーンです。

ブラックジャック:最終回、ネタバレ④如月恵との再会をご紹介

最終回のシーンは、感動的な再会で彩られています。船医となった如月恵が、ブラックジャックの前に現れた瞬間、驚きとともに彼の心に感情が溢れます。普段は苗字で呼んでいた彼女を、名前で呼んでしまうほど、ブラックジャックは動揺していました。

如月恵の選択は、男性の船医としての人生。しかし、彼女はブラックジャックへの想いを胸に秘め、彼に幸せだったと伝えます。この瞬間、過去の回想が交差し、彼らの深い絆が浮き彫りになりました。学生時代、お互いに想い合っていた二人。しかし、如月恵の病気が彼女を追い込みます。彼女は病に負けず、ブラックジャックの手術で命を取り留めますが、女性としての人生を捨てざるを得なくなりました。

彼女の決断は、ブラックジャックにも影響を与え、彼の医者としての覚悟を新たにさせました。二人の間の深い絆は、最終回で再び確認されます。如月恵が去った後、ブラックジャックの心には彼女への深い尊敬と未練が残りました。

ブラックジャック:最終回、ネタバレ⑤キリコの登場をご紹介

ブラックジャックの世界には多くの多彩なキャラクターがいるけれど、キリコは特に印象深い存在です。彼は死に神の化身と称され、医療の限界を体現する人物。最終回での彼の登場は、物語に深みを与えました。

物語では、キリコは車椅子に乗った182歳の老人をブラックジャックの前に連れてきます。この老人は、長い間の手術で生き延びてきたが、老化の苦痛から解放されたいと願っていました。ここで、キリコの医療に対する考え方が浮き彫りになります。彼は助けられない患者に安楽死を提供することで、その苦しみを終わらせる方法を選びます。

一方、ブラックジャックは常に生命を救うことを優先。彼はキリコの方法に反対し、生きることの意味を問いかけます。キリコとブラックジャックの対比は、医療と人生の難しい選択を考えさせられます。キリコのキャラクターは、医療の倫理や人間の尊厳について深く考えさせる存在です。

ブラックジャックの最終回では、キリコの登場が物語に重要な役割を果たします。彼の哲学は、読者に医療の限界と生命の価値について考えさせるきっかけを与えました。キリコの存在は、ブラックジャックの世界をよりリアルに、また考えさせるものにしています。

ブラックジャック:最終回、ネタバレ⑥手術中の本間先生をご紹介

手術室に現れた亡き本間先生の姿は、多くの読者に感動を与えました。本間先生は、ブラックジャックに手術を手伝うよう指示します。その手術台には、幼いブラックジャック自身が横たわっていたのです。

このシーンでは、医療と生命を巡る深いテーマが描かれています。ブラックジャックが提案した「人工器官を使う手術」に対し、本間先生は激しく反対します。機械に頼ることの危険性、患者自身の気力の重要性を強調するのです。この対話は、医療技術の進歩と人間の心のバランスを考えさせられるものでした。

個人的には、このエピソードが心に残ります。医療の進歩は目覚ましいものですが、それに頼りすぎることの危険性を、本間先生は教えてくれます。また、ブラックジャック自身が幼い頃の自分を救うシーンは、彼の成長と医師としての使命を象徴しています。

最終的には、本間先生の言葉がブラックジャックの心に深く響くことになります。このシーンは、医療漫画としてだけでなく、人間ドラマとしても深いメッセージを持っています。ブラックジャックと本間先生の関係性が、この最終回でクライマックスを迎えたのです。

ブラックジャック:最終回、ネタバレ⑦八等身のピノコと出会うをご紹介

ブラックジャックとピノコの関係が、深い絆によって結ばれる感動的なシーンが展開されます。落胆していたブラックジャックの前に、突如として現れたのは、八頭身の美人看護師。彼女は、ピノコが持っていたはずの成長した姿でした。その看護師が、ブラックジャックに対して感謝の言葉を述べ、本当の気持ちを問います。

ブラックジャックは、外見に興味がないと答えるのですが、これには深い意味があります。彼は整形医として、外見の変化には慣れているため、真の美しさは内面にあると考えているのです。そして、彼はピノコに対して「最高の妻」という言葉を贈ります。これまでのブラックジャックとピノコの関係は、多くの場面で描かれてきましたが、彼のピノコへの深い愛情が明かされるのは、まさにこの瞬間です。

最終回に相応しい、感動的なシーンです。ブラックジャックがピノコに対して見せた、真の愛情の表現は、読者にとっても心に残るものとなるでしょう。そして、二人が手術室へ向かうシーンは、彼らの新たな始まりを予感させます。読者としては、このような終わり方を望んでいたかもしれませんね。

ブラックジャック:最終回、ネタバレ⑧幻だったSLをご紹介

最終回の舞台は、まさかのSL(蒸気機関車)。ここで、ブラックジャックとピノコが交わす会話は、私たちに生命と人生について深く思いを巡らせるきっかけを与えてくれます。

このSLは、実はブラックジャックの夢の中の出来事だったという事実。これには、多くのファンが驚かされたことでしょう。夢オチという結末は、予想外ながらも、ブラックジャックの深い内面を映し出しています。

しかし、このエピソードは原作漫画の最終回であって、アニメ版とは異なります。実際の原作漫画の最後の話は「オペの順番」。こちらは、手術の順番を巡る心温まる物語です。この違いは、ブラックジャックの多面性をより一層際立たせていると感じます。

最終回が夢オチだったことで、作品の解釈に幅が出たと思います。ブラックジャックというキャラクターが見せる、夢と現実の狭間での葛藤。これは、私たち読者にとって、人生の不確かさや複雑さを象徴しているように思えます。

ブラックジャック:最終回、ネタバレ⑨ピノコは結婚する?

ブラックジャックの最終回で、ピノコとの関係に変化が見られました。夢の中でピノコへの気持ちを認めるシーンがあり、感動的でした。ピノコは畸形嚢腫から生まれた少女で、外見は子どもですが、実年齢は18歳以上。彼女のブラックジャックへの愛は深く、結婚願望も強いです。

物語の中で、ブラックジャックはピノコを養女にしようとしますが、ピノコはこれを拒否。しかし、ブラックジャックにとってもピノコは大切な存在で、結局は一緒に暮らし続けます。ピノコの行動は時に突飛ですが、彼女の成長とブラックジャックへの愛情は明らかです。

私たちは、ブラックジャックのピノコへの感情が深いものであることを知っています。彼はピノコを守り、世話を焼く姿勢を見せています。結婚については明確な描写はありませんが、ブラックジャックのピノコに対する愛情は、結婚相手としても子供としても解釈できます。

この物語は、異色の医療ドラマとして多くの読者に愛されてきました。ブラックジャックとピノコの関係は、その核心にあり、読者の心をつかんで離しません。最終回は、彼らの関係に新たな展開をもたらし、私たちを魅了しました

ブラックジャック:最終回、ネット上のファンの感想を一部ご紹介

ブラックジャックの最終回について、ネット上では様々なファンの声が聞かれます。多くの人がこの名作に対して深い感動を抱いていることがわかります。最終回「オペの順番」は、特に注目されています。このエピソードは、命の価値について考えさせられる内容で、読者を深く考察に導きます。

ブラックジャックは、その独特なストーリーテリングで、多くの人々を引き込んできました。最終回でも、その魅力は変わりません。医療と生命をテーマにした重い話題が多く、時にはグロテスクな描写も見られますが、それがこの作品のリアリティを高めています。

ファンからは、ブラックジャックとピノコの関係が特に好まれているようです。彼らのやり取りには、心温まる癒しの要素が含まれており、重い話題の中でも明るい光を放っています。

また、多くの人がアニメよりもOVAの方が好きだと述べています。OVAの方が深いテーマや複雑な人間関係をよりリアルに描いているため、ファンからの評価が高いのです。ただし、初見の方にはアニメ版の方が入りやすいかもしれません。

ブラックジャックは、その複雑さとリアリズムにより、今もなお多くのファンに愛され続けている作品です。それは、この作品が時代を超えて多くの人々に影響を与えていることの証です。

たかねぎが見たファンの感想を紹介しましたが、この作品の持つ力は、まだまだ多くの人々を魅了し続けるでしょう。ブラックジャックは、アニメやマンガを通じて、私たちに大切なメッセージを伝えてくれるのです。

ブラックジャック:最終回を体験したファンの感想・考察

ブラックジャック 感想・考察
ブラックジャック 感想・考察

ブラックジャックの最終回は、多くのファンにとって忘れがたい体験でした。その衝撃的な結末について、感想や考察をまとめました。最終回は、ブラックジャックの持つ深い人間ドラマと医療の葛藤が見事に描かれています。

彼の決断には、人生の重大な選択を迫られる誰もが共感できる要素があるのです。

ブラックジャックは、ただの医師ではありません。彼は、命と向き合い、時には厳しい選択を強いられる存在です。このキャラクターは、多くの若者にとって、正義とは何か、人生とは何かを問うてくれる指標となり得ます。

最終回では、そんなブラックジャックの内面に深く切り込んでおり、読者を考えさせる内容になっています。

また、作品全体を通して、ブラックジャックの成長や変化を見ることができます。彼の孤独や葛藤が、読者の心を打つのです。彼の決断や行動には、常に深いメッセージが込められており、それがファンにとっては魅力的です。

彼の道徳的なジレンマや、医師としての使命感は、私たち自身の人生にも重要な示唆を与えてくれます。

ブラックジャックの最終回を読んだ後、多くのファンは彼の選択に感動し、自分自身の生き方についても考えさせられました。この作品は、単なるエンターテイメントに留まらず、人生の教訓を教えてくれる、深い作品なのです。

それゆえに、ブラックジャックという作品は、多くの人にとって特別な存在となっています。

漫画とアニメを電子書籍・VODサービスで楽しむなら

たかねぎ

以下がおすすめの電子書籍・VODサービスです。

漫画(電子書籍サービス)

無料漫画が豊富!【まんが王国】一般コミックLP

たかねぎ

まんが王国について・評判やデメリット・メリットが気になる方は、以下の記事をご覧ください

まんが王国:評判が悪い?ネット民の口コミやメリット・デメリットをご紹介

\毎日最大50%還元・期間限定最大80%ポイント還元/

まんが王国:公式ページ

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

新規登録で6冊70%OFF

ebookjapan:公式ページ

国内最大級の総合電子書籍ストア【BookLive(ブックライブ)】

マンガ1万冊以上がまるごと1冊無料で読めます。

BookLive:公式ページ

アニメ(VODサービス・サブスクリション)

エンタメ・アニメが見放題!【DMM TV(DMMプレミアム会員登録)】 *SEO用

\アニメ5,500作品以上配信中/

DMM TV:公式ページ

【U-NEXT ユーネクスト】※商品リンクあり

\35万本以上の動画を配信しております。/

U-NEXT:公式ページ

【Hulu フールー】

\人気映画・ドラマ・アニメなど100,000本以上!! /

Hulu:公式ページ

【Hulu | Disney+ セットプラン(フール― | ディズニー)】

\Huluとディズニープラスのセットプランが誕生/

Hulu | Disney+ セットプラン

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たかねぎ

幼少の時から漫画やアニメに触れ、100タイトル以上体験しています。アニメ・漫画を通して人生を豊かになってほしいと考えています。私は、アニメ・漫画のおかげで友人も増えましたし、人生においても救われてきました。お世話になったアニメ・漫画を知ってもらうお手伝いのつもりで情報発信をしていきます。

-ブラックジャック, 日常(話題)
-