広告 からだ探し 伝奇・妖怪(話題)

からだ探し:完結?最終回、ネタバレを含む最後のラストシーンの結末!|ファンが徹底考察!?

この記事では、からだ探し:完結?最終回、ネタバレを含む最後のラストシーンの結末!|ファンが徹底考察!?をご紹介しております。

たかねぎ

「からだ探し」が完結。ファン待望のラストシーン、その結末に迫る徹底考察をお届けします。最終回の内容を含み、ネタバレ注意で解説いたします。

からだ探しとは

「からだ探し」とは、ウェルザード先生による日本のホラー小説であり、時間のループに取り込まれた高校生たちが毎晩、真夜中の校舎で血まみれの少女の霊に追われ、殺されるという恐怖を繰り返しながら、バラバラになった人体のパーツを探して集めるというストーリーです。

この作品は、元々小説投稿サイト『E★エブリスタ』で連載され、後に書籍化されました。また、この小説は漫画版やWebアニメ版、さらには実写映画版も制作され、多くのメディアで展開されています。

この物語の魅力は、ただのホラーに留まらず、時間を巻き戻すデスゲームを通して、友情や絶望、再生のテーマを深く掘り下げている点にあります。特に「赤い人」と呼ばれる幽霊は、倒すことができない絶対的な恐怖として描かれ、登場人物たちの精神を追い詰めますが、それを通じて人間の強さや絆の深さも描かれています。

作者のウェルザードは、Jホラーの伝統に新しい息吹を吹き込むことに成功しました。彼は、映画『リング』や『エルム街の悪夢』といった作品からインスピレーションを受けつつ、オンラインゲームの要素を取り入れることで、読者が直接物語の世界に没入できるような体験を提供しています。このように、「からだ探し」は、ホラージャンルに新たな地平を開いた作品と言えるでしょう。

たかねぎとして、この作品の持つ独特の恐怖と、その中に織り交ぜられた深い人間ドラマに、非常に引き込まれます。読む者にとっては、ただ怖がるだけではなく、人生や人間関係について考えさせられる、貴重な作品であると感じています。

からだ探し:完結しているか?をご紹介

『からだ探し』は2018年2月2日に全17巻で完結しました。その続編である『からだ探し 解』も2019年3月9日に全5巻で物語りは幕を閉じました。この作品群は、ただのホラーやスリラーでは終わらない、深い人間ドラマとスピリチュアル・バトルが融合した独特の世界を展開しています。

物語の核心である「人魂」も、ただの道具ではなく、一つのキャラクターとしてしっかりと描かれ、読者に深い印象を残しています。

終わり方には切なさが残りますが、読後感は非常に良いものでした。特に『解』の存在については賛否両論ありますが、個人的には、キャラクターたちがもとの生活に戻りつつも何か一歩を踏み出した姿は、読者にとっても前向きなメッセージとなったのではないかと考えています。

からだ探し:完結?最終回(第一部)までのネタバレを含むストーリーをご紹介

からだ探し ストーリー
からだ探し ストーリー

県立逢魔学園の伝承、赤い人の怪談は、恐怖と友情、そして運命に翻弄される学生たちの物語を描いています。明日香をはじめとする6人の生徒は、50年前にバラバラ殺人の犠牲となった少女の霊、赤い人との遭遇から逃れられない運命に巻き込まれます。

彼らは赤い人に殺された後、次の日には全員が何事もなかったかのように学校に戻ってくるという、恐ろしいループに陥ります。

この状況を打破するために、彼らは遥の体のパーツを集めるカラダ探しに挑戦します。しかし、その過程で友情に亀裂が入り、生死を彷徨う中で人間関係はさらに悪化していきます。そして、遥の体を完全に復元するための苦闘は、思わぬ結末を迎えます。

からだ探し:完結?最終回(第二部)までのネタバレを含むストーリーをご紹介

県立逢魔学園に伝わる怪談、赤い人の呪いと闘う「からだ探し」の旅が、美雪たちの勇気と絆を試す物語です。美雪は、放課後に現れるという血まみれの少女、赤い人に遭遇します。この出会いが、彼女の静かだった学園生活を一変させます。

高広たちは、美雪を助けるために、そして彼ら自身の呪いを解くために、カラダ探しの挑戦を開始します。しかし、この危険なゲームは予想以上に困難で、仲間たちは次々と赤い人の犠牲になっていきます。

武司の無謀な行動が原因で、チームはバラバラになり、更に状況は悪化します。一方で、高広たちは赤い人の殺し方と、隠されたカラダのパーツを見つけ出す方法を学びます。

武司と結子はカラダ探しに真剣ではなく、その自己中心的な行動が、他のメンバーを危険にさらします。しかし、美雪は諦めません。彼女は友情と勇気を武器に、呪いを解く鍵を探し続けます。

絶望的な状況の中、美雪たちは重要な手がかりを見つけ、美紀の悲しい過去と直面します。美紀の霊との出会いは、彼らにとって転機となり、カラダ探しの意味を深めます。結子の裏切り、そして美雪の家族に起きた不幸な出来事は、彼らの決意をさらに固めます。

最終的に、美雪は赤い人の真実と向き合い、呪いを解くための究極の犠牲を決意します。彼女の選択は、友情、愛、そして家族の絆の強さを証明しました。この物語は、恐怖と絶望の中で見出した希望と勇気の物語です。

からだ探し:完結?最終回(第三部)までのネタバレを含むストーリーをご紹介

県立逢魔学園に伝わる怪談、「赤い人」の伝説を背景に展開する「からだ探し」は、読者を恐怖と絆の世界へと誘います。この物語は、明日香とその仲間たちが、異世界で「カラダ探し」に挑む姿を描いています。彼らは、過去に犠牲になった少女「美雪」や「美紀・美子」の呪いを解く鍵を握っています。この過程で、彼らは互いに支え合い、強い絆を築いていきます。

物語は、放課後の学園で一人になった生徒の前に現れる「赤い人」という怪談からスタートします。この伝説は、50年前にバラバラ殺人の犠牲者となった少女が基になっており、彼女が「赤い人」として学園に現れるとされています。その恐怖から逃れるためには、校門を出るまで振り返ってはならないという掟があります。

明日香たちは、この恐怖の中でカラダ探しに挑み、次第にその背後にある真実を解き明かしていきます。彼らが直面するのは、ただの怪談ではなく、深い悲しみと憎悪によって生み出された呪いです。その呪いを解くためには、過去の罪と向き合い、亡くなった少女たちの魂を救う必要がありました。

物語は、様々な困難と試練を乗り越えた後、美雪の復活と美紀・美子の呪いが解けるクライマックスへと至ります。しかし、呪いが解けた後も、すべての謎が解決するわけではありません。記憶を失ったクラスメイトや、消え去った建物など、新たな疑問が残ります。

最終的に、明日香と高広は呪いが本当に終わったことを確認し、彼らだけが共有する秘密を胸に、卒業式を迎えます。

からだ探し:完結?最終巻(17巻)のネタバレを含むストーリーをご紹介

「からだ探し」第十七巻は、物語の最終章を飾る壮絶な展開を見せます。留美子が中心となり、美子の心臓を返すことで長い間続いた「カラダ探し」の終結を目指します。この巻では、明日香が「やれることをやる」と力強く決意を示すシーンが印象的です。彼女たちの行動は、仲間を救うため、そして呪いを解くための最後の試みとなります。

物語は、明日香たちが小野山邸へ向かい、心臓を返し呪いを解くべく再び団結する場面から始まります。途中、「赤い人」との直接対決や、健司が仲間を守るために勇気を振り絞る場面など、息をもつかせぬ緊迫感が続きます。特に健司が「赤い人」との戦いで限界まで戦う姿は、読者に強い感動を与えます。

物語のクライマックスでは、遥が明日香を守るために「黒くて怖い人」と命がけの戦いを挑みます。その後、留美子と武司が心臓を返すことに成功し、ついに「赤い人」の動きを止めることができます。この一連の流れは、仲間との絆と勇気がどれほど強い力を持っているかを示しています。

しかし、呪いが解けた後も、遥の記憶はなくなってしまいます。明日香が遥の無事を知り涙するシーンは、物語を通じて築かれた深い友情を感じさせます。最終的には、平和な日常が戻り、明日香たちは卒業式を迎えます。彼女たちが見せる微笑みからは、過酷な体験を乗り越えた後の安堵と希望が伝わってきます。

この第十七巻を通して、たかねぎは、人生において直面する困難や恐怖に立ち向かう勇気、そして何よりも大切な仲間との絆の価値を改めて感じました。読者の皆さんにも、この物語から勇気と希望を見つけてもらえたら幸いです。

からだ探し:完結?最終回(カラダ探し 解)のネタバレを含むストーリーをご紹介

ある朝、留美子は目を覚ましましたが、なぜか前日の記憶がすっぽりと無くなっていました。その日、11月29日は、彼女の人生で忘れられない出来事が起こる特別な日になります。物語は、龍平というクラスメイトからの突然の告白から始まります。彼は留美子に対して、長い間、隠していた好意を明かします。留美子はこの告白を受け入れ、二人の間に新しい絆が生まれます。

しかし、学校に行くと、留美子だけでなく、他の多くの人々も28日の記憶がないことに気づきます。この奇妙な現象は、学校内で様々な騒動を引き起こします。中でも、留美子はショッピングモールで偶然出会った遥という女の子と、一目で深い絆を感じ合います。二人は初めて会ったはずなのに、なぜか涙が止まらなくなります。その後、お互いに自己紹介をし、仲良くなります。

この日は、留美子にとって多くの重要な出来事が起こり、彼女の人生に大きな影響を与える日となります。龍平の告白を受け入れたことで、二人の関係は更に深まりますし、記憶を失った謎や、留美子とクラスメイトたちとの絆の強さについても、新たな発見があります。

「カラダ探し 解」の物語は、友情や愛情の価値、そして人との繋がりの大切さを描いています。留美子が経験する一連の出来事を通して、私たちにも大切なことを教えてくれます。終わりには、留美子と彼女の周りの人々が幸せに一緒に過ごす様子を見せてくれます。

からだ探し:完結?ラスト(映画)のネタバレを含むストーリーをご紹介

"からだ探し"のラストシーンでは、身体の最後のパーツ「頭」を求めての壮絶な戦いが描かれます。主人公たちは、赤い人が持つ人形「エミリー」の中に「頭」が隠されていると推測しました。巨大化したエミリーを捕らえる罠を仕掛け、高広はチェーンソーでエミリーの頭部を切り裂きます。その結果、探し求めていた「頭」が見つかります。しかし、この戦いはまだ終わっていませんでした。

礼拝堂で「頭」を棺に納めようとする明日香と高広の前に、エミリーは再び襲いかかります。高広は仲間を守るために自らを犠牲にし、明日香はエミリーに立ち向かい、ついに勝利を収めます。これにより、「カラダ探し」の物語は一つの終わりを迎えます。

しかし、7月6日に戻ると、彼らの学校の古井戸から白骨化した頭部が発見されるというニュースが流れます。不思議なことに、明日香以外のメンバーは記憶を失い、普通の学校生活に戻っています。しかし、文化祭委員のくじ引きで再び「カラダ探し」のメンバーが集まる運命にありました。記憶を失っていたはずの高広は、ネクタイピンを手がかりに記憶を取り戻し、明日香の笑顔で映画は幕を閉じます。

映画の最後には、礼拝堂の古井戸に「遊園地内で小2少女惨殺」と書かれた新聞記事が落ちており、被害者が「森崎明日香」と変わる衝撃の展開が待っていました。このラストシーンは、物語の謎を深め、視聴者に強い印象を残します。

からだ探し:完結?最終回、話題①明日香の最後は?をご紹介

「からだ探し」の物語は、明日香たちが呪いを解くための長い旅の末に、ついにその呪いを断ち切るところで終わります。彼らは、呪いによって起きる「カラダ探し」のゲームに挑戦し続け、友情と勇気で数々の困難を乗り越えてきました。

最終的に、主要な敵である小野山美子とその双子の姉、美紀、さらには美子に取り憑く恐ろしい存在を倒し、呪いを解くことに成功します。

この大きな戦いの後、物語は卒業式のシーンへと移ります。明日香は、これまでの冒険を経て、高広への感情をはっきりとさせ、卒業式の日に彼に告白の返事をします。この告白は、二人の新しい関係の始まりを告げるものであり、物語に幸せな終わりをもたらします。

この物語では、難しい状況でも友達と力を合わせて立ち向かうこと、そして自分の感情に正直になることの大切さが強調されています。

からだ探し:最終回、話題②実写版、最後の意味(新聞)を考察をご紹介

からだ探しの映画版での結末は、見る人に大きな衝撃を与えました。特に、物語の最後に登場する新聞の変化は、誰もが予想外のものでした。この映画では、カラダ探しのゲームのルールが漫画版とは異なり、赤い人は幼い頃に亡くなった女の子になっています。

そして、その女の子の名前が最終的に明日香に変わるという展開になります。このルール「最後にカラダを収めた人が次の赤い人になる」というものが、物語の最大のポイントです。

この変化は、単にゲームが終わったということではなく、新しい赤い人が誕生するという意味合いを持っています。つまり、明日香が遊園地で亡くなっていたという新しい事実が浮かび上がるわけです。

からだ探し:最終回、話題③赤い人の正体?をご紹介

この謎の人物は、物語のクライマックスにおいて、視聴者に衝撃を与えたキーパーソンです。その正体は、別荘敷地内で惨殺された小野山美子(おのやまみこ)、わずか8歳の少女でした。彼女を演じた安永星良(やすながせら)ちゃんの演技力は、その不気味な歩き方とともに、視聴者を魅了しました。

映画では少女としてのみ描かれている美子ですが、原作ではさらに深い背景が語られます。約50年前の学校建設前の事件、強姦バラバラ殺人の被害者という重い過去が、彼女の物語に深みを加えます。美子は音に敏感で、人智を超えた怪力を持つ存在として、主人公たちの前に立ちはだかります。

からだ探し:完結?最終回(漫画・映画)結末のファンの感想・考察をご紹介

からだ探し 感想・考察
からだ探し 感想・考察

「からだ探し」の話をすると、感動とサプライズでいっぱいです。この物語は、ただのホラーとは一線を画します。漫画では、登場人物の背景が深く描かれていて、物語の伏線が巧みに回収されるんですよ。映画に目を向けると、普通の日々と恐ろしい夜が対照的に描かれ、意外なほどに心温まる瞬間があります。

特に、記憶をなくしたキャラクターたちが勇敢に挑戦する姿からは、見る人に勇気を与えます。そして、夜ごとに繰り返される恐怖のシーンは、まるでビデオゲームのよう。

でも、進めば進むほど、キャラクターたちが成長していく様子や、最終的には解放感にあふれる結末が待っています。

映画のラストでは、話がまだ終わっていないような雰囲気を感じさせてくれて、それがまた心に残るんです。この物語は、怖さだけではなく、人生で大切な勇気や友情についても教えてくれます。

たかねぎですが、「からだ探し」を読んだり見たりして、いろんな気持ちを感じられたことは、すごく価値のある体験でした。これからも、こんな素敵な作品にたくさん出会って、心を動かされ続けたいと思います。

漫画とアニメを電子書籍・VODサービスで楽しむなら

たかねぎ

以下がおすすめの電子書籍・VODサービスです。

漫画(電子書籍サービス)

無料漫画が豊富!【まんが王国】一般コミックLP

たかねぎ

まんが王国について・評判やデメリット・メリットが気になる方は、以下の記事をご覧ください

まんが王国:評判が悪い?ネット民の口コミやメリット・デメリットをご紹介

\毎日最大50%還元・期間限定最大80%ポイント還元/

まんが王国:公式ページ

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

新規登録で6冊70%OFF

ebookjapan:公式ページ

国内最大級の総合電子書籍ストア【BookLive(ブックライブ)】

マンガ1万冊以上がまるごと1冊無料で読めます。

BookLive:公式ページ

アニメ(VODサービス・サブスクリション)

エンタメ・アニメが見放題!【DMM TV(DMMプレミアム会員登録)】 *SEO用

\アニメ5,500作品以上配信中/

DMM TV:公式ページ

【U-NEXT ユーネクスト】※商品リンクあり

\35万本以上の動画を配信しております。/

U-NEXT:公式ページ

【Hulu フールー】

\人気映画・ドラマ・アニメなど100,000本以上!! /

Hulu:公式ページ

【Hulu | Disney+ セットプラン(フール― | ディズニー)】

\Huluとディズニープラスのセットプランが誕生/

Hulu | Disney+ セットプラン

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たかねぎ

幼少の時から漫画やアニメに触れ、100タイトル以上体験しています。アニメ・漫画を通して人生を豊かになってほしいと考えています。私は、アニメ・漫画のおかげで友人も増えましたし、人生においても救われてきました。お世話になったアニメ・漫画を知ってもらうお手伝いのつもりで情報発信をしていきます。

-からだ探し, 伝奇・妖怪(話題)
-