広告 スポーツ・格闘(話題) ドカベン

ドカベン:最終回の最後のラストシーンの結末!|ファンが徹底考察!?

この記事では、アニメ・漫画沼20年のたかねぎがドカベン:最終回の最後のラストシーンの結末!|ファンが徹底考察!?のご紹介をしています。

たかねぎ

「ドカベン」の最終回、その衝撃のラストシーン。数々の感動を与えてきたこの物語が、どのような結末を迎えるのか。ファンならずとも気になる最終回を、一緒に紐解きましょう。

ドカベンとは

出典:ドカベン アニメ
出典:ドカベン アニメ

『ドカベン』は、1972年から1981年にかけて『週刊少年チャンピオン』で連載された、水島新司先生の代表作です。神奈川県の明訓高校野球部を舞台に、主人公「ドカベン」こと山田太郎とその仲間たちの成長と挑戦を描いています。

野球漫画として知られる本作ですが、連載初期は柔道漫画としてスタートし、その後野球へと移行しました。特に、実写版映画では、この柔道から野球への変遷が忠実に再現されています。

水島新司先生の画風は、リアルな野球の描写と躍動感あふれるもので、野球漫画の新境地を開拓したと評されています。当時の野球漫画が魔球や超人的な要素に重きを置いていた中、『ドカベン』は配球の読みなど戦術的な側面を重視しました。

これは、当時としては非常に斬新なアプローチでした。

また、本作品は水島新司先生にとって大きな転機となり、特に岩鬼正美や里中智、殿馬一人などのキャラクターが登場することで、物語が大きく展開し、女性ファンを含む広い読者層に支持されました。

シリーズは『大甲子園』、『ドカベン プロ野球編』、『ドカベン スーパースターズ編』、『ドカベン ドリームトーナメント編』と続き、総巻数205巻に達し、日本で最も巻数の多い作品の一つとなっています。

『ドカベン』は、単なるスポーツ漫画ではなく、友情、努力、勝利を描いた青春ストーリーとして、多くのファンに愛され続けています。

ドカベン:あらすじ

出典:ドカベン 原作
出典:ドカベン 原作

物語は、主人公の山田太郎が鷹丘中学に転校してくるところから始まります。山田太郎は野球の才能を持ちながらも、最初は柔道部に所属していました。そこでの出会いが、後に彼の運命を大きく変えることになります。彼は、岩鬼正美というキャラクターと出会い、共に野球の道を歩み始めます。

二人は殿馬一人とも出会い、高校野球の舞台である明訓高校に進学します。そこで、里中智とも出会い、彼らは「明訓四天王」として知られるようになります。

物語は、彼らの高校3年間の活躍を中心に描かれており、彼らの高校野球生活の終わりに「大甲子園」が設定されています。この大会は、水島新司作品のオールスターが集まるという設定で、多くのファンに愛されています。

ドカベンの物語は、高校野球編の完結後、プロ野球編に移行します。プロ野球編では、山田太郎たちは高校を卒業し、プロ野球選手としてさまざまなチームで活躍します。

このシリーズは、実在するプロ野球選手との交流や競争も描かれ、リアルタイムで物語が進行します。最終的に、山田太郎たちはFA権を取得するなど、プロ野球選手としてのキャリアを積み重ねていきます。

ドカベン:最終回(ドリームトーナメント編)のあらすじ

ドカベン最終章「ドリームトーナメント編」。この物語は、セ・リーグとパ・リーグの間の力の均衡を取り戻すため、セ・リーグに新たに2つの球団が誕生するところから始まります。全16球団が参加する夢の大会、それが「ドリームトーナメント」です。

この編では、ドカベンのキャラクター達が中心となりながらも、水島新司の他の作品からも多くのキャラクターが登場。プロ野球界の甲子園とも呼べる壮大なスケールで、熱い戦いが繰り広げられます。

ファンにはたまらない、オールスター作品として描かれたこの物語は、各球団の特色や選手たちの個性が光ります。

ドカベン:最終回、原作(ドリームトーナメント編)のネタバレを含むストーリーをご紹介

決勝戦、12回裏ツーアウト三塁。バッター山田太郎、対するは京都ウォーリアーズの中西球道。ここまでの山田は3試合連続サヨナラホームランを記録。ファンの期待は高まります。

中西の投じる166kmのストレートに、山田はファールで粘ります。そこで岩鬼がタイムを取り、アドバイス。それは「アッパースイングをすること」。山田はそれを実践し、中西の球をバックスクリーンへと運びます。劇的な4試合連続サヨナラホームランに、涙する姿が描かれます。

しかし、物語はここで終わりません。試合後、山田は甲子園に一人。そこに現れたのは岩鬼。2人の出会いを回想し、感動的なシーンが描かれます。そして最後には作者・水島新司先生の感謝の言葉で締めくくられるのです。

ドカベン:最終回(アニメ)、岩鬼が話題!岩鬼が入浴している場面でサチ子は見たのか?

ドカベンの最終回、岩鬼が入浴中の場面は、多くのファンに衝撃を与えました。このシーンでは、サチ子が岩鬼の湯舟に飛び込む瞬間が描かれています。岩鬼の「見えてもうた」というセリフは、アニメファンの間で話題沸騰です。

このエピソードは、ドカベンの長い歴史の中でも特に印象深い一幕として記憶されています。

ドカベン:最終回(アニメ)、サヨナラで名訓は敗れますが、あの時の武蔵坊は守備妨害ではないか?をご紹介

ドカベンの最終回、感動的なサヨナラ勝ちで名訓が敗れました。しかし、その瞬間に注目が集まるのは、武蔵坊のプレー。彼のアクションは、守備妨害ではないかという疑問が浮かびます。

実際、殿馬の送球動作を妨げるようなプレーは守備妨害になる可能性があります。しかし、武蔵坊はボールに当たっているため、ルール上は問題ないと解釈できます。アニメではよく見られるこのようなドラマチックな展開は、ファンにとって魅力的な要素の一つです。

また、野球の試合では守備妨害ぎりぎりのスライディングが日常茶飯事。実際には、そういったプレーが守備妨害とされることは少ないです。アニメ放送当時、このシーンに関して抗議やクレームがなかったことも、ルール上問題なかったことを示しています。

結論として、武蔵坊のプレーは守備妨害ではないと言えるでしょう。アニメならではの解釈とドラマが、このようなシーンをより魅力的にしています。

ドカベン:アニメ・最終回、のネタバレを含むストーリーをご紹介

アニメ『ドカベン』は、1976年から1979年まで放送された、心揺さぶる野球アニメの傑作です。最終回は、夏の甲子園大会の舞台で、明訓高校と弁慶高校の熱戦が描かれました。

物語のクライマックスは、明訓高校が追い詰められた9回表、山田太郎が見事な同点ホームランを放つシーンです。この一打で、試合は土壇場での逆転劇へと移り変わります。

しかし、弁慶高校も負けじと、武蔵坊数馬の粘り強いプレーにより、再度リードを奪取。この緊迫した展開が、視聴者の心をわしづかみにしました。

最後の最後で、弁慶高校が勝利を収めるという結末は、思わず息をのむものでした。特に、義経光のアクロバティックなプレーでホームベースを駆け抜ける場面は、圧巻の一言に尽きます。武蔵坊の涙とともに終わる試合は、感動的であり、アニメファンにとって忘れがたい瞬間となりました。

一方で、明訓高校の選手たちは、悔しさを胸に秘めつつも、次の目標に向かって前進を誓います。

ドカベン:最終回、水島新司先生のコメントをご紹介

昭和47年、ドカベンがスタートしてから46年が過ぎ、今日を迎えました。たしかに46年間は長い年月です。しかし長さは感じませんでした。キャラクターに囲まれて、毎日楽しく作品を描いてまいりました。本当に長い間、ご愛読ありがとうございました。感謝の気持ちでいっぱいです。心よりお礼申し上げます。そしてまたいつの日かお会いできる日を楽しみにしております。

引用元:ドカベン 水島新司

昭和47年に始まった「ドカベン」が、46年の長きにわたる歴史に幕を下ろしました。長い間、多くのファンに愛され続けた作品です。水島新司先生のコメントには、感謝の気持ちが溢れていました。先生は「長い間、ご愛読ありがとうございました」と述べ、ファンへの深い感謝を表しています。

この言葉から、先生がいかに作品とファンに対して情熱を傾けていたかが伝わります。漫画家として、一つの作品に46年もの時間を費やすことは、並大抵の努力ではないはずです。しかし、先生は「長さは感じませんでした」とも語り、漫画制作が先生にとって楽しい時間だったことを感じさせます。

私たちファンにとっても、「ドカベン」はただの漫画ではありませんでした。子供の頃から青年になるまで、多くの人がこの漫画から勇気や夢をもらいました。キャラクターたちは、まるで友達のように親しみを感じさせてくれました。今回の最終回は、ただの終わりではなく、新しい始まりのように感じます。

水島先生が「またいつの日かお会いできる日を楽しみにしております」と述べたように、私たちもまた、先生の新しい作品に出会える日を心待ちにしています。長年にわたる素晴らしい作品をありがとうございました。

ドカベン:最終回を体験したファンの感想・考察をご紹介

出典:ドカベン 山田太郎
出典:ドカベン 山田太郎

ドカベンのドリームトーナメント編、最終回の衝撃は、読者に多くの感慨を残しました。多くのファンが、山田太郎と岩鬼の物語にフォーカスした終わり方を「ドカベンらしい」と評しています。

確かに、試合の結末はある程度予想されていたかもしれませんが、中西球道がピッチャーとして登場したシーンは、多くの議論を呼んでいます。

球道くんを中心に物語が展開していれば、結果が変わっていたかもしれないとする声もあります。また、ドカベンの物語が終わったことに、未だに信じられないという声も聞かれます。

山田太郎の物語としての終わりには納得しているものの、他のキャラクターたちに焦点を当てたスピンオフがあっても良かったという意見もあるようです。

水島新司先生の引退発表後も、読み切り作品への期待が高まっています。ドカベンシリーズ全体としての最終回については、意見が分かれているものの、多くのファンが、この結末を支持していることは間違いありません。

46年に及ぶ長い歴史を持つドカベンシリーズの終焉は、私たちファンにとって大きな節目です。涙が出なかったという声もありますが、それぞれが物語との長い付き合いを思い出していることでしょう。最終回の感想は様々ですが、ドカベンは間違いなく、多くの人々の心に残る作品です。

漫画とアニメを電子書籍・VODサービスで楽しむなら

たかねぎ

以下がおすすめの電子書籍・VODサービスです。

漫画(電子書籍サービス)

無料漫画が豊富!【まんが王国】一般コミックLP

たかねぎ

まんが王国について・評判やデメリット・メリットが気になる方は、以下の記事をご覧ください

まんが王国:評判が悪い?ネット民の口コミやメリット・デメリットをご紹介

\毎日最大50%還元・期間限定最大80%ポイント還元/

まんが王国:公式ページ

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

新規登録で6冊70%OFF

ebookjapan:公式ページ

国内最大級の総合電子書籍ストア【BookLive(ブックライブ)】

マンガ1万冊以上がまるごと1冊無料で読めます。

BookLive:公式ページ

アニメ(VODサービス・サブスクリション)

エンタメ・アニメが見放題!【DMM TV(DMMプレミアム会員登録)】 *SEO用

\アニメ5,500作品以上配信中/

DMM TV:公式ページ

【U-NEXT ユーネクスト】※商品リンクあり

\35万本以上の動画を配信しております。/

U-NEXT:公式ページ

【Hulu フールー】

\人気映画・ドラマ・アニメなど100,000本以上!! /

Hulu:公式ページ

【Hulu | Disney+ セットプラン(フール― | ディズニー)】

\Huluとディズニープラスのセットプランが誕生/

Hulu | Disney+ セットプラン

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たかねぎ

幼少の時から漫画やアニメに触れ、100タイトル以上体験しています。アニメ・漫画を通して人生を豊かになってほしいと考えています。私は、アニメ・漫画のおかげで友人も増えましたし、人生においても救われてきました。お世話になったアニメ・漫画を知ってもらうお手伝いのつもりで情報発信をしていきます。

-スポーツ・格闘(話題), ドカベン
-