広告 スポーツ・格闘(話題) ダイヤのA

ダイヤのA:完結!打ち切り?最終回、最終巻の最後のラストシーンの結末!ひどい?|ファンが徹底考察!?

この記事では、アニメ・漫画沼20年のたかねぎがダイヤのA:完結!打ち切り?最終回、最終巻の最後のラストシーンの結末!ひどい?|ファンが徹底考察!?のご紹介をしています。

たかねぎ

『ダイヤのA』の最終回が話題です。完結への道のりは、ファンにとって衝撃的だったのではないでしょうか。この物語の終わり方が、ひどいとの声も聞こえますが、果たして真実はいかに。

ダイヤのAとは

エンタメ・アニメが見放題!【DMM TV(DMMプレミアム会員登録)】 *SEO用
引用元:DMMTV


「ダイヤのA」は、高校野球を軸にした青春漫画として多くの読者の心をつかんでいます。登場人物たちの苦悩や葛藤を乗り越える成長の過程が描かれ、読者に勇気を与える要素が満載です。

現実に即した野球シーンは、実在の選手や試合をリサーチし、細部にわたって描写されています。このリアリズムが、多くの野球ファンに高い評価を得ています。

「ダイヤ」というタイトルは、野球場を指すとともに、主人公が原石のように磨かれていく過程を表しています。漫画賞を受賞し、シリーズ累計発行部数は4000万部を突破。アニメ化や舞台化といったメディアミックスも成功し、さらにはスピンオフ作品も生み出されています。

特筆すべきは、物語に悪役が登場しない点です。野球に情熱を注ぐすべてのキャラクターが、スポーツマンシップに満ちた姿で描かれており、高校球児にも大きな影響を与えています。また、作者が他の野球漫画からインスピレーションを受けており、それが作品に独自性をもたらしています。

この作品は、野球漫画としてだけでなく、高校生の日常に寄り添う物語としても愛されています。ファンには、リアルなストーリーテリングが心に響き、最終話に至るまで変わらぬ情熱を示しています。

DMM TV:ダイヤのA

ダイヤのA(act.2):あらすじ      

【U-NEXT ユーネクスト】※商品リンクあり
引用元:U-NEXT

赤城中学野球部のキャプテン、沢村栄純くんは中学最後の試合で悔しい敗北を経験します。しかし、この試合が青道高校の目に止まり、新たな扉が開かれることになります。沢村くんは仲間への思いと自身の夢との間で揺れ動きますが、やがて東京への道を選びます。

青道高校での新たな出会いは、沢村くんの野球人生に大きな影響を及ぼします。特に、一年生捕手の御幸一也くんは、沢村くんの潜在能力を引き出し、全力で挑む野球の楽しさを教えてくれます。ミットに響く球の音は沢村くんの心に深く刻まれ、野球を通じた成長への期待を高めます。

赤城中学の仲間たちとの別れは、沢村くんにとって大きな試練ですが、彼らの真っ直ぐな想いが、涙をこらえながらの甲子園への決意を後押しします。青道高校は沢村くんの力を得て、秋の東京都大会を制し、甲子園出場を果たします。

しかし甲子園での道のりは容易ではありません。新生青道高校野球部は新たなメンバーを迎え、再び甲子園を目指す決意を新たにします。エースナンバーを背負うことになった沢村くんは、新たな挑戦に直面しながらも、チームメイトと共に前進し続けます。

U-NEXT:ダイヤのA 紹介ページ

ダイヤのA:完結!最終回(act.2)背番号はどうなった?をご紹介

背番号はどうなった?

  • 背番号1 沢村栄純
  • 背番号2 御幸一也
  • 背番号3 前園健太
  • 背番号4 小湊春市
  • 背番号5 金丸信二
  • 背番号6 倉持洋一
  • 背番号7 麻生尊
  • 背番号8 東条秀明
  • 背番号9 白州健二郎
  • 背番号10 川上憲史
  • 背番号11 降谷暁
  • 背番号12 小野弘
  • 背番号13 山口健
  • 背番号14 木島澪
  • 背番号15 結城将司
  • 背番号16 樋笠昭二
  • 背番号17 中田中
  • 背番号18 金田忠大
  • 背番号19 由井薫
  • 背番号20 奥村光舟

「ダイヤのA」のファンとして、最終回に向けての背番号の変更は心待ちにしていた出来事です。片岡監督が全員に番号を与えた瞬間、その意味を深く考えずにはいられませんでした。

まさに、チームとしての新たなスタートを切る瞬間ですね。挑戦を恐れず、成長を信じる片岡監督の決断は、落合コーチの安全志向とは対照的でした。しかし、その選択がチームに新たな風を吹き込むことは、私たかねぎも感じています。

エースナンバーの変更は、選手たちにとっても試練であり、チャンス。特に結城と奥村には、これからのプレッシャーが予想されますが、追試を忘れずに受けるよう監督からの忠告もあり、彼らの真剣さが伺えます。

チームの絆と選手個々の成長を重視する片岡監督の姿勢は、監督らしくもあり、また理想のリーダーシップを示していると言えるでしょう。

この夏に向けて、チームは一丸となって挑戦することでしょう。リスクを恐れずに前に進むその姿勢には、多くのファンが共感し、勇気づけられるはずです。私たちも、その背中を見守りながら、彼らの成長を応援し続けたいと思います。

ダイヤのA:完結!最終回(act.2)、ひどいといわれるのはなぜか?をご紹介

「ダイヤのA」の最終回について、その終わり方がひどいと感じるファンが多いようです。長きにわたる青春の物語が、予想もしない形で幕を閉じたのですから、その驚きも無理はありません。

王者奪還を期待していた多くの読者は、甲子園での熱戦を夢見ていました。しかし、沢村の「新・沢村伝説の幕開けだ―」という言葉で物語は終わりを告げました。この急展開に、16年間の情熱を注いできたファンからは様々な声が上がりました。

続編の期待、御幸の未来、そして青道高校の甲子園での戦い。これらが語られることなく終わったことは、物語への愛着を深めてきた読者にとっては消化不良なのです。

また、未回収の伏線が数多く残されたことも、物語をこよなく愛する者たちにとっては、大きな疑問符が残る結果となりました。成宮や美馬のその後、巨摩大藤巻高校との因縁、1年生たちの成長。これらの話題がどう展開するのか、読者は心待ちにしていました。

さらに、沢村の怪我の詳細や御幸の父親、白龍高校との試合など、気になるポイントは山積みです。これらの点が明かされないまま物語が終わったため、読者は失望し、作者に対しても心配の声が寄せられました。

まるで途中でペンが止まったかのようなこの終わり方は、確かに多くの疑問を残し、炎上の原因となったことは間違いありません。

たかねぎとして考えるなら、この最終回がファンに与えた衝撃は計り知れないものがあります。作者の思いや状況を推し量りつつ、未だに解決を望む声が後を絶たない状況です。

ダイヤのA:完結!最終回、打ち切りでないことを作者がコメントをご紹介

ファンが多いだけに反響も大きく、Twitterも荒れてしまいましたが、作者の寺嶋裕二さんがTwitterで理由を発表しました。

「ダイヤのA」のファイナルシーンに込められた、寺嶋裕二先生の深い思いをお伝えします。連載終了の背景には、作者自身の体力的な限界やクオリティへのこだわりがあったことが明らかにされました。

週刊のペースで高い質の作品を創り続けるのは、容易なことではありません。沢村の元気がない姿を見たくない、各キャラクターの未来を雑に決めたくないという気持ちは、作品への愛情の裏返しです。

これらの言葉は、たかねぎにも深く響きました。筆を持つ手が止まるほどの重責を感じながらも、クリエイターとしての誇りを持ち続ける姿勢。それは、時に厳しい現実と向き合う私たちの生活にも通じるものがあります。

取材に行く時間が取れないというのも、深いリサーチなしには読者に納得のいく物語を提供することは難しいのです。

ファンとしては、突然の終了は寂しさを感じるものですが、作者の言葉を聞き、多くの人が理解に至ったことでしょう。漫画というメディアを通じて、私たちは数多の人生を垣間見ることができます。

それぞれのキャラクターが、それぞれの道を歩む。その先に何があるのか、想像するのもまた、読者の楽しみの一つです。

ダイヤのA:完結!最終回(act.2)、ネタバレを含むストーリーをご紹介

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】
引用元:ebookjapan

ハートをつかむクライマックス、それが「ダイヤのA」の最終回、act.2です。息をのむような9回裏、青道高校と稲実高校の熱戦が、ここに決着を迎えました。

リードを許す青道ですが、沢村栄純のマウンドは揺るがず、彼の投じたチェンジアップが大きな転機を呼びます。レフトへのフライをきっかけに、一瞬にして試合の空気が変わりました。

レフト降谷の、まるでレーザーのような返球が、サードランナー成宮をアウトに。これが青道にとって、まさに「勝利への道」を照らした瞬間でした。息詰まる攻防の末、次のバッターも空振り三振。僕たかねぎも、その場面を目の当たりにして、心が高鳴りました。

試合は2‐1で青道の勝利。ずっと勝てなかった稲実に対する、青道の栄光の瞬間です。これはただの勝利ではありません。多くの努力と汗と、時には涙さえも積み重ねた結晶です。読者の皆さんも、漫画を通じて、自分の人生に何を重ね合わせるでしょうか。

「ダイヤのA」はただのスポーツ漫画では終わりません。そこには、挫折と成長、友情と競争、そして何より「勝利への執着」が描かれています。青道の選手たちが見せた、熱くて、時には切ないストーリーが、あなたの心にも火をつけるはずです。それが、彼らの「ダイヤモンド」であり、僕たちの「A」です。

ebookjapan:ダイヤのA act2 紹介ページ

ダイヤのA:完結!最終回(act.2)、書き下ろし 第307.5話『僕たちの明日』をご紹介

この書き下ろしは、本編の307話と308話の狭間を埋める大切なピース。栄純の左腕の違和感がチームに明かされる瞬間から、甲子園2回戦の舞台に飛ぶまでの、読者が知りたかった細かな詳細が描かれています。

青道高校の食堂で、チームメイトたちは東東京大会の決勝を見守りつつ、栄純の状態について心配する様子が描かれます。しかし、彼らの絆は固く、栄純への信頼とポジティブな言葉で話は進んでいきます。倉持と春市の二遊間コンビのやりとりは、彼らの進路についての心配を払拭し、目の前の目標に集中する姿勢が印象的です。

「なーんも考えてない。まずは日本一の二遊間になってからだろ」という倉持の言葉は、彼の強い決意と野球への熱い想いを感じさせます。このエピソードは、ただの中継ぎではなく、彼らのキャラクターが生き生きとしているからこそ、読者に深い共感を呼ぶのです。

さらに、この物語の裏には、東東京大会決勝の試合がまだ描かれていないという背景があり、寺嶋先生の「外伝としてどこかで描く予定」という言葉に期待が膨らむばかり。栄純たちの未来は明るい。彼らの「明日」に、僕たちは大きな期待を寄せています。

ダイヤのA:完結!最終回のその後、act.3は開始するのか?をご紹介

上記で紹介させて頂いた、作者のTwitterの中に「週刊連載でのダイヤのAはここで区切ることにしました」とありました。

この文面から月刊連載でダイヤのA act.3 の可能性もあるのではないか?と考えましたが、2023年7月7日の朝日新聞の記事で下記のようにお話していました。

自分の中ではやり切った気持ちの方が大きいです。取材でお世話になったコーチにも続きを読みたいと言われました。でもあの決勝戦が最後と決めていました。最後としてふさわしい対戦相手だったと自分自身が納得できたので、悔いもありません。

引用元:朝日新聞

野球漫画の金字塔、『ダイヤのA』が、ついに最終回を迎えました。心に残るあの決勝戦の興奮も冷めやらぬ中、ファンの間では続編の期待が高まっています。しかし、私、たかねぎが目にした作者のツイートには、「週刊連載はここで区切り」とありました。

これを受け、多くの読者が月刊連載での「ダイヤのA act.3」を予想しているようです。確かに、続編への期待は尽きないものです。

しかし、朝日新聞の記事では作者自身が「やり切った」と語っています。最後の対戦が、物語として完璧な締めくくりだったとのこと。コーチからも「続きを」との声があったそうですが、「決勝戦が最後」との強い決意を感じ取ることができます。

これらの言葉から、私は続編の可能性は低いと予想します。

ダイヤのA:完結!最終回、著名人からの連載終了お祝いコメントを一部ご紹介

今回は「ダイヤのA」の最終回と、それに寄せられた著名人のコメントについてお話ししようと思います。16年の長きにわたり、多くの読者を魅了したこの作品。最終話の口コミには賛否両論ありましたが、初巻のレビューは星4.4という高評価を受けているんです。

野球という題材を通じて、子どもから大人まで幅広い層に夢と感動を与えてきたことは、間違いありません。

特に印象的なのは、現役バリバリのプロ野球選手からのメッセージ。大谷翔平選手のように、子どもの頃に読んでいたという選手も多く、彼らの言葉からは作品への深い敬意が感じられます。また、GLAYのTERUさんのような音楽界の大御所からのコメントも。

大谷翔平選手

ロサンゼルス・エンゼルス所属

寺嶋先生、『ダイヤのA』16年間の連載お疲れ様でした! ちょうど高校生だった当時も、自分の高校野球生活と重ねるように楽しく拝見させて頂いていました! また多くの子供達がワクワクする漫画を描いて頂けることを楽しみにしています!

引用元:マガポケ

GLAY

TERUさん

いよいよ完結ということでまた1話から読ませて頂いています。 TVアニメ『ダイヤのA』のオープニングソングを担当させて頂けたからこそ、その曲たちがGLAYファンのみならず多くの方々に愛されるきっかけになりました。ありがとうございます! 大好きな『ダイヤのA』が幕を閉じ寂しくもありますが、これからの寺嶋先生の作品も楽しみにしています!

引用元:マガポケ

アニメのオープニングソングを担当された経験から、作品への特別な思い入れが伝わってきますね。

こうした様々な分野の第一線で活躍する方々からのお祝いコメントは、単なる作品の終わりを超え、次世代へのバトンタッチのようにも思えます。寺嶋先生のこれからの活躍に、私たちも目が離せません。

子どもたちがワクワクするような物語を、これからも描き続けてほしいですね。漫画はただの娯楽ではなく、人生に希望を与える力を持っている。そのことを、「ダイヤのA」は教えてくれました。

ダイヤのA:完結!最終回(act.2)を体験したファンの感想・考察

ダイヤのA 感想・考察
ダイヤのA 感想・考察

ダイヤのAの最終回を読んだ瞬間、胸がいっぱいになりました。寺嶋先生が17年もの間、描き続けた熱いドラマに、涙が溢れそうです。キャラクターたちへの愛情が感じられる終わり方で、沢村たちの未来に想いを馳せます。

14ページにわたる書き下ろしは、まさにサプライズ。御幸一也が青道野球部を卒業し、新たな道を歩み始める姿に、胸が熱くなりました。栄純と降谷が御幸との真剣勝負を求めるシーンは、彼らの成長を象徴していて、忘れられない場面です。青道高校の夏の終わりには、甲子園出場が決まったばかり。

でも、この終わりが、物語にとって最良の形だったと確信しています。キャラクターたちの青春が、漫画を通して多くの読者に夢と希望を与えてきたことでしょう。

たかねぎとして、寺嶋先生への感謝と、御幸や沢村たちのこれからを夢見る気持ちを胸に、続きを待ちわびています。またいつか、彼らの物語が続く日を信じてます。

漫画とアニメを電子書籍・VODサービスで楽しむなら

たかねぎ

以下がおすすめの電子書籍・VODサービスです。

漫画(電子書籍サービス)

無料漫画が豊富!【まんが王国】一般コミックLP

たかねぎ

まんが王国について・評判やデメリット・メリットが気になる方は、以下の記事をご覧ください

まんが王国:評判が悪い?ネット民の口コミやメリット・デメリットをご紹介

\毎日最大50%還元・期間限定最大80%ポイント還元/

まんが王国:公式ページ

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

新規登録で6冊70%OFF

ebookjapan:公式ページ

国内最大級の総合電子書籍ストア【BookLive(ブックライブ)】

マンガ1万冊以上がまるごと1冊無料で読めます。

BookLive:公式ページ

アニメ(VODサービス・サブスクリション)

エンタメ・アニメが見放題!【DMM TV(DMMプレミアム会員登録)】 *SEO用

\アニメ5,500作品以上配信中/

DMM TV:公式ページ

【U-NEXT ユーネクスト】※商品リンクあり

\35万本以上の動画を配信しております。/

U-NEXT:公式ページ

【Hulu フールー】

\人気映画・ドラマ・アニメなど100,000本以上!! /

Hulu:公式ページ

【Hulu | Disney+ セットプラン(フール― | ディズニー)】

\Huluとディズニープラスのセットプランが誕生/

Hulu | Disney+ セットプラン

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たかねぎ

幼少の時から漫画やアニメに触れ、100タイトル以上体験しています。アニメ・漫画を通して人生を豊かになってほしいと考えています。私は、アニメ・漫画のおかげで友人も増えましたし、人生においても救われてきました。お世話になったアニメ・漫画を知ってもらうお手伝いのつもりで情報発信をしていきます。

-スポーツ・格闘(話題), ダイヤのA
-