広告 SF・アクション(話題) マジンガーZ 未分類

マジンガーZ:最終回の最後のラストシーンの結末!|ファンが徹底考察!?

この記事では、アニメ・漫画沼20年のたかねぎがマジンガーz:最終回の最後のラストシーンの結末!|ファンが徹底考察!?のご紹介をしています。

たかねぎ

マジンガーZの最終回、その衝撃的なラストシーンは、ファンならずとも心を揺さぶるものです。たかねぎとして、その感動を徹底考察しました。この結末は、ただの終わりではなく、新たな物語の始まりを予感させるものです。

マジンガーZとは

出典:マジンガーZ アニメ
出典:マジンガーZ アニメ


『マジンガーZ』は、永井豪とダイナミックプロ原作の画期的なメディアミックス作品です。その中心には、同名の巨大ロボットがいます。テレビアニメは東映と旭通信社が制作し、漫画版は永井豪を含む複数の作者が手掛けました。

この作品は「巨大ロボットアニメ」というジャンルを確立し、多くの後続作品に影響を与えました。

主人公が人型ロボットに乗り込み、敵と戦う「巨大ロボットアニメ」としては初めての作品でした。以前から存在したロボットアニメ、例えば『鉄腕アトム』や『鉄人28号』とは異なり、『マジンガーZ』は主人公が直接ロボットを操縦する点が新しかったのです。

このアニメは平均視聴率22.1パーセントを記録し、最高視聴率は第68話で30.4パーセントに達しました。その成功は『グレートマジンガー』や『UFOロボ グレンダイザー』などの続編につながり、4年以上にわたる長期シリーズとなりました。

『マジンガーZ』は日本国内だけでなく、70年代には韓国、台湾、香港、タイなどアジア諸国で、さらにはスペインや中南米、ヨーロッパ諸国で放映され、国際的なブームを巻き起こしました。特にスペインでは、マジンガーZの像が建立されるほどの人気を博しました。

マジンガーZ:あらすじ

出典:マジンガーZ 原作
出典:マジンガーZ 原作

光子力研究所の兜十蔵博士は、孫の甲児に秘密裏に建造したロボット「マジンガーZ」を託す。Dr.ヘルの野望を阻止するための役目を背負う甲児は、祖父の遺志を継ぎ戦いを挑む。この物語は、悪との闘いと成長を描く熱い戦いの軌跡です。

Dr.ヘルの野望に立ち向かう甲児。彼は、光子力で動くマジンガーZの力を駆使し、敵として立ちはだかるあしゅら男爵、ブロッケン伯爵、ピグマン子爵らと激しい戦いを繰り広げます。

彼らは、ミケーネ人の遺産である巨大ロボットを改造した機械獣や妖機械獣を駆使して甲児に襲い掛かるのです。

マジンガーZ:最終回のあらすじ

最終回では、マジンガーZとその仲間たちが、光子力研究所での勝利を祝い、平和な時間を楽しんでいた。しかし、暗黒大将軍とゴーゴン大公の脅威はまだ終わっていなかった。

甲児は、未だ戦いが続いていることに気づくが、急速に接近する未確認飛行物体のアナウンスに、彼らは再び警戒態勢に入る。

敵の攻撃は激しく、マジンガーZは深刻なダメージを受ける。甲児は、仲間たちを守るために立ち上がるが、マジンガーZの力は限界に近づいていた。その緊急の時に、謎の新しいロボット、グレートマジンガーが現れ、状況は一変する。

グレートマジンガーの圧倒的な力で敵を撃退し、光子力研究所は再び平和を取り戻す。

甲児とさやかは、アメリカで新しい科学に携わることになり、彼らの旅は続く。一方、兜剣蔵は自身の秘密と未来への思いを胸に、グレートマジンガーを操り、平和の守護者としての役割を果たす決意を新たにする。

マジンガーZの物語は終わりを告げるが、彼らの戦いと希望は永遠に続く。

マジンガーZ:最終回、アニメ(第92話「デスマッチ!!甦れ我等のマジンガーZ!!」)のネタバレを含むストーリーをご紹介

この回では、ドクターヘルを倒し、平和を手に入れたかに見えた光子力研究所が、新たな脅威に直面します。闇の帝王の策略により、光子力研究所は再び危機に陥り、甲児と仲間たちは絶体絶命のピンチに立たされます。

物語は、パーティでの楽しいひとときから一転。敵の攻撃により、ダイアナンAやボスボロットが苦戦し、マジンガーZも溶け始めるほどの窮地に追い込まれます。しかし、ここで新たな希望が現れます。

甲児の父、兜剣蔵がサイボーグとして甦り、グレートマジンガーを駆使して敵を撃退。彼の勇姿には、心が揺さぶられます。

このエピソードは、絶望の淵からの逆転劇を描きながら、家族の絆や仲間との信頼を強調しています。マジンガーZが不死身の象徴として、最後まで諦めずに戦う姿は、多くのファンに勇気を与えたことでしょう

最後は、甲児とさやかが新たな旅立ちを迎えるシーンで締めくくられ、別れと新たな始まりの感慨深さを感じさせます。

マジンガーZ:最終回、その後の作品をご紹介

まず、最終回ではマジンガーZがボロボロになり、負けてしまいます。しかし、その後を受け継ぐ剣鉄也のグレートマジンガーが登場。新たな英雄の活躍が続きます。

東映まんがまつりでは、マジンガーZが何度も映画化され、その中には『マジンガーZ対デビルマン』も含まれています。原作者の永井豪によるリメイクマンガもあり、時代を超えた魅力を感じます。

特に注目すべきは、『バイオレンスジャック』です。この作品では、盲目の黒人空手家ジム・マジンガが、兜甲児少年と共に敵と戦います。過去と未来をつなぐエピソードに、勇気と感動を覚えます。

さらに、『マジンガーZ/INFINITY』は、最終回から10年後の世界を描いた作品。2018年に劇場公開され、マジンガーZや機械獣が3DCGで描かれています。当時の原型を残しつつ、進化したロボットデザインとリアリティある動きが見どころです。

水木さんの主題歌も、時代を超えて響きます。

「infinity」、つまり「無限」の意味を持つこの作品では、富士山地中の超巨大遺跡が重要な役割を果たします。Dr.ヘルの悪の野望と、それを阻止しようとするマジンガーZの勇姿が、無限の可能性を感じさせてくれます。

マジンガーZ:最終回を体験したファンの感想・考察

出典:マジンガーZ 兜甲児
出典:マジンガーZ 兜甲児

マジンガーZの最終回、それはアニメ史に残る名シーンのひとつです。自機がボロボロになっても、決して心を折らない兜甲児の姿は、見る者の心を強く打ちます。彼の不屈の精神は、ただの戦いではなく、人生の挑戦にも通じるものがあります。

永井豪先生の才能には、ただただ感嘆するばかりです。先生が描くストーリーには、常に深いメッセージが込められています。

敵に圧倒され、どの攻撃も通用しない状況でも、兜甲児は最後まで戦いを諦めませんでした。このシーンは、多くのファンにとって忘れがたい印象を残しています。特に、僕たちのようなリアル世代でない若者にも、その勇敢さと決断力は深く響きます。

最終回のエンディングは、ただの敗北ではなく、争いの愚かさと、敗れた後の無念さを伝える強烈なメッセージがありました。スポーツ精神にも通じる、絶対に諦めない姿勢は、多くの人々に影響を与えています。昭和のアニメには、そういった深い教訓が数多く含まれていると感じます。

結論として、マジンガーZの最終回は、ただのアニメのエピソードを超え、人生の大切な教訓を我々に教えてくれます。兜甲児の姿は、困難に立ち向かう勇気と、絶望の中でも希望を見出す力を与えてくれるのです。昭和のアニメが持つ魅力は、今も変わらず、多くのファンに愛され続けています。

漫画とアニメを電子書籍・VODサービスで楽しむなら

たかねぎ

以下がおすすめの電子書籍・VODサービスです。

漫画(電子書籍サービス)

無料漫画が豊富!【まんが王国】一般コミックLP

たかねぎ

まんが王国について・評判やデメリット・メリットが気になる方は、以下の記事をご覧ください

まんが王国:評判が悪い?ネット民の口コミやメリット・デメリットをご紹介

\毎日最大50%還元・期間限定最大80%ポイント還元/

まんが王国:公式ページ

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

新規登録で6冊70%OFF

ebookjapan:公式ページ

国内最大級の総合電子書籍ストア【BookLive(ブックライブ)】

マンガ1万冊以上がまるごと1冊無料で読めます。

BookLive:公式ページ

アニメ(VODサービス・サブスクリション)

エンタメ・アニメが見放題!【DMM TV(DMMプレミアム会員登録)】 *SEO用

\アニメ5,500作品以上配信中/

DMM TV:公式ページ

【U-NEXT ユーネクスト】※商品リンクあり

\35万本以上の動画を配信しております。/

U-NEXT:公式ページ

【Hulu フールー】

\人気映画・ドラマ・アニメなど100,000本以上!! /

Hulu:公式ページ

【Hulu | Disney+ セットプラン(フール― | ディズニー)】

\Huluとディズニープラスのセットプランが誕生/

Hulu | Disney+ セットプラン

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たかねぎ

幼少の時から漫画やアニメに触れ、100タイトル以上体験しています。アニメ・漫画を通して人生を豊かになってほしいと考えています。私は、アニメ・漫画のおかげで友人も増えましたし、人生においても救われてきました。お世話になったアニメ・漫画を知ってもらうお手伝いのつもりで情報発信をしていきます。

-SF・アクション(話題), マジンガーZ, 未分類
-