広告 SF・アクション(話題) 北斗の拳 未分類

北斗の拳:最終回の最後のラストシーンの結末!|ファンが徹底考察!?

この記事では、アニメ・漫画沼20年のたかねぎが北斗の拳:最終回の最後のラストシーンの結末!|ファンが徹底考察!?のご紹介をしています。

たかねぎ

「北斗の拳」の最終回、その感動的なラストシーンを今でも忘れることはできません。ファン目線で見たこの結末について、深く考察してみました。熱く壮大なバトルと物語のクライマックスが、ここに結実しています。たかねぎとして、この素晴らしい体験を皆様にも共有したいと思います。

北斗の拳とは

出典:北斗の拳 アニメ

「北斗の拳」とは、1980年代に一世を風靡した日本の漫画作品です。 原作は武論尊、作画は原哲夫によるこの作品は、核戦争後の荒廃した世界を舞台にしています。 199X年、秩序が崩れた世界で、北斗神拳の伝承者であるケンシロウが登場します。

このハードボイルドアクションは、『週刊少年ジャンプ』で1983年から1988年まで連載され、大きなブームを巻き起こしました。

物語は、北斗神拳を操るケンシロウが、力と正義のために戦う姿を描いています。 彼の強さとカリスマは多くの読者に影響を与えました。 「お前はもう死んでいる」という決め台詞は、今もなお広く認知されています。

このシリーズは、アニメ、ゲーム、さまざまなメディアミックスにも展開され、幅広い層に支持され続けています。

2019年時点で、この作品の全世界累計発行部数は1億部を超え、メディアミックスの収益は約218億ドルに達しています。 これにより、世界中のコンテンツの中で歴代17位、日本のコンテンツでは8位の大ヒット作品となりました。

そして、2023年には「北斗の拳」生誕40周年を記念して、完全新作アニメの制作が発表されました。 新たなスタッフとキャストで、原作に忠実に再現される予定です。

このように、時を経てもなお新しい世代に受け継がれる「北斗の拳」は、日本の漫画文化において不朽の名作として位置づけられています。

北斗の拳:あらすじ

出典:北斗の拳 原作
出典:北斗の拳 原作

「北斗の拳」は、核戦争後の荒廃した世界を舞台に、強力な格闘技「北斗神拳」の伝承者ケンシロウの戦いを描く物語です。 199X年、核の炎に包まれた地球。 国家の崩壊と暴力の支配する中、ケンシロウは、かつての親友であるシンによって許嫁ユリアを奪われます。

本来は心優しい性格のケンシロウも、復讐の旅を通じて冷酷な戦士へと変貌します。

リンやバットといった仲間と共に旅を続けるケンシロウは、シンとの死闘の末、彼を倒しますが、ユリアはすでに亡くなっていたと聞かされます。 旅の中で、南斗六聖拳の伝承者たちと遭遇し、友情と戦いを重ねていきます。 特に、トキとの再会はケンシロウにとって重要な出来事となります。

物語はさらに展開し、ケンシロウの最大の敵であるラオウが登場。 ラオウは拳王軍を率い、世界の支配者となろうとします。 しかし、愛と哀しみを背負ったケンシロウは、究極奥義「無想転生」を会得し、ラオウを倒します。

やがて、ユリアと再会し、彼女との短いながらも平和な時間を過ごします。

時は流れ、物語は第二部へ。 リンとバットは成長し、新たな脅威、元斗皇拳との戦いが始まります。 リンは修羅の国に連れ去られ、ケンシロウは彼女を救うため修羅の国へ。 ここで、北斗神拳と北斗琉拳の壮絶な戦いが繰り広げられます。

北斗の拳:最終回のあらすじ

ケンシロウはラオウの遺児リュウを北斗神拳の次代の伝承者に選ぶ。 リュウはラオウの死後も、その忠誠心溢れるバルガに預けられる。 リュウはラオウの子としての才能を見せつけ、ケンシロウと共に成長する。

一方、ケンシロウは旅の途中で記憶を失い、偶然再会したリンもまた記憶を失っていた。 この二人の再会は、偶然ではなく運命の導きだろう。

物語は、最後の敵・ボルゲとの戦いへと進む。 この戦いが、ケンシロウの記憶を取り戻すきっかけとなる。 ケンシロウは改めて弟分のバットにリンを託し、未来へと歩みを進める。 最終回は、ケンシロウの選んだ後継者としてのリュウの姿と、ケンシロウ自身の決断を描く。

北斗の拳:最終回、原作とアニメでの違いをご紹介

原作では、物語はボルゲとの戦いで幕を閉じます。 一方、アニメ版では第二部のカイオウとの戦いが最終回となり、ケンシロウの孤独な旅立ちで終わります。 この違いは、アニメだけを見ていた方にとっては意外な事実かもしれませんね。

原作のファンの中には、最終回について「どのタイミングがベストだったのか」という議論が今も続いています。

ケンシロウがラオウを倒すシーンは、第一部の最終回として圧倒的な印象を残します。 しかし、アニメ版の最終回であるカイオウとの対決は、ケンシロウの成長と決断が際立ち、深い感銘を与えるでしょう。

一方で、原作のボルゲ編は、新たな敵との戦いを通じて、ケンシロウの内面的な変化を感じさせます。

北斗の拳:最終回、原作のネタバレを含むストーリーをご紹介

北斗の拳の最終回は、感動と驚きに満ちた展開で幕を閉じます。 主人公・ケンシロウは、リンとバットの幸せを願い、ふたりの前から姿を消そうと決意します。 しかし、運命のいたずらにより、彼らは記憶を失い、再び出会うことになります。

バットは、リンとケンシロウの愛を信じ、ふたりが最初から愛を育んでいくべきだと考えます。 一方、ケンシロウは、ボルゲという新たな敵と対峙し、バットの献身により、記憶を取り戻します。 この瞬間、バットの愛がケンシロウを救い、リンもまたバットの優しさに触れて記憶を取り戻します。

バットは瀕死の状態で、ケンシロウにリンとの幸せを託しますが、驚くべきことに、ケンシロウはバットの命を救うために北斗七星の秘孔を突いていたのです。 リンはバットの元へ戻り、ケンシロウはひとり荒野へと旅立ちます。

ケンシロウの決断は、愛と献身、そして自らの使命への忠実さを示すものでした。 彼はこれからも戦士として、暴虐を許さない道を歩み続けることを選び、その姿は多くのファンに感動を与えました。

最後に彼が放つ言葉、「おまえはすでに死んでいる!!」は、北斗の拳の象徴的なセリフとして、記憶されています。

北斗の拳:最終回、アニメ(152話)のネタバレを含むストーリーをご紹介

北斗の拳の最終回は、圧巻のクライマックスを迎えます。 歴史に残る決戦の地、魔瘴の沼での戦いが描かれ、登場人物たちの壮絶な運命が明らかになりました。

カイオウの魔闘気とケンシロウの闘気断想がぶつかり合うシーンは、見る者の心に深い印象を残します。 ケンシロウの力強さとカイオウのプライドのぶつかり合いは、感動的で忘れられない瞬間です。

この物語は、ただのバトルアニメではありません。 登場人物たちの深い心理描写や、人間の強さと弱さを見事に表現しています。 ケンシロウとカイオウの最後の戦いは、ただの勝負以上の意味を持ち、それぞれの信念がぶつかり合っていました。

カイオウの最後の行動は、彼の複雑な内面を映し出しており、見る者に深い感慨を与えます。

北斗の拳:最終回を体験したファンの感想・考察をご紹介

出典:北斗の拳 ケンシロウ
出典:北斗の拳 ケンシロウ

この物語は、愛と戦いを描いた作品で、多くの人々に愛され続けています。

最終回では、主人公・ケンシロウが旅立つ場面が描かれます。 多くのファンは、物語の終わり方について異なる意見を持っています。 中には、ラオウとの戦いで終わるべきだったという声もあります。 しかし、私はこの結末が、ケンシロウの愛の旅路を象徴していると思います。

作品全体を通して、愛が強調されています。 ケンシロウの戦いは、常に愛のためであり、その姿勢が読者に強く響きます。 また、様々なキャラクターが愛に生き、愛のために戦っています。 これは、ただの格闘漫画ではなく、愛の物語なのです。

最終回のエピソードでは、リンとバットの関係にも焦点が当てられます。 この三角関係は、物語の初めから潜在していた伏線でした。 リンとバットの成長と彼らの感情の変化は、読者に深い印象を与えます。

漫画とアニメを電子書籍・VODサービスで楽しむなら

たかねぎ

以下がおすすめの電子書籍・VODサービスです。

漫画(電子書籍サービス)

無料漫画が豊富!【まんが王国】一般コミックLP

たかねぎ

まんが王国について・評判やデメリット・メリットが気になる方は、以下の記事をご覧ください

まんが王国:評判が悪い?ネット民の口コミやメリット・デメリットをご紹介

\毎日最大50%還元・期間限定最大80%ポイント還元/

まんが王国:公式ページ

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

新規登録で6冊70%OFF

ebookjapan:公式ページ

国内最大級の総合電子書籍ストア【BookLive(ブックライブ)】

マンガ1万冊以上がまるごと1冊無料で読めます。

BookLive:公式ページ

アニメ(VODサービス・サブスクリション)

エンタメ・アニメが見放題!【DMM TV(DMMプレミアム会員登録)】 *SEO用

\アニメ5,500作品以上配信中/

DMM TV:公式ページ

【U-NEXT ユーネクスト】※商品リンクあり

\35万本以上の動画を配信しております。/

U-NEXT:公式ページ

【Hulu フールー】

\人気映画・ドラマ・アニメなど100,000本以上!! /

Hulu:公式ページ

【Hulu | Disney+ セットプラン(フール― | ディズニー)】

\Huluとディズニープラスのセットプランが誕生/

Hulu | Disney+ セットプラン

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たかねぎ

幼少の時から漫画やアニメに触れ、100タイトル以上体験しています。アニメ・漫画を通して人生を豊かになってほしいと考えています。私は、アニメ・漫画のおかげで友人も増えましたし、人生においても救われてきました。お世話になったアニメ・漫画を知ってもらうお手伝いのつもりで情報発信をしていきます。

-SF・アクション(話題), 北斗の拳, 未分類
-