広告 ゲゲゲの鬼太郎 伝奇・妖怪(話題) 伝奇・妖怪(アニメ) 未分類

ゲゲゲの鬼太郎:ヒロイン・猫娘・ねこむすめ・ネコ娘・ねこ娘は誰?かわいい?死亡?|ファンが徹底解説!

この記事では、アニメ・漫画沼20年のたかねぎがゲゲゲの鬼太郎:猫娘・ねこむすめ・ネコ娘・ねこ娘は誰?かわいい?死亡?|ファンが徹底解説!のご紹介をしています。

たかねぎ

ゲゲゲの鬼太郎シリーズに登場する猫娘について、役者の変遷や人気ランキング、能力やエピソードについて解説されている。特に第6期の猫娘については、キャラクターの進化や衣装、性格の変化について詳しく紹介しています。

ゲゲゲの鬼太郎とは

出典:ゲゲゲの鬼太郎(第6作)
出典:ゲゲゲの鬼太郎(第6作)

『ゲゲゲの鬼太郎』は、日本の漫画家・水木しげるが生み出した、日本の妖怪を題材とした漫画作品の代表格です。物語は、幽霊族の少年・鬼太郎が多種多様な妖怪たちと繰り広げるものであり、水木しげるの貸本漫画である『墓場鬼太郎』から始まりました。

『ゲゲゲの鬼太郎』は、アニメ化に伴い、タイトルが改題されました。また、怪奇色の強かった内容も徐々に鬼太郎と妖怪の対決路線へと変化し、鬼太郎は正義のヒーロー然としての側面が強くなっていきました。

この作品は、貸本を経て数多くのシリーズが描かれ、幼年誌から青年誌まで幅広く掲載されました。単行本はこれまで幾度も出版されているが、出版社ごとに収録内容が異なっており、『水木しげる漫画大全集』で初めて全ての作品が収められました。

『ゲゲゲの鬼太郎』は、アニメ化もされ、テレビアニメ版はこれまでに4回のリメイク・6度のアニメ放映をしており、特に第1シリーズのアニメ化は初の「妖怪ブーム」を巻き起こしました。テレビアニメ第6シリーズはアニメ史上初となる特別賞を受賞しました。

また、『ゲゲゲの鬼太郎』は映画、小説、ドラマ、ゲーム、舞台など、様々な作品が作られ続けています。

漫画作品は第25回(1996年度)日本漫画家協会賞・文部大臣賞を受賞しており、水木しげるの代表作の一つとして、現代の日本の妖怪ブームを支える作品の一つとなっています。

ゲゲゲの鬼太郎:あらすじ

出典:ゲゲゲの鬼太郎
出典:ゲゲゲの鬼太郎

「ゲゲゲの鬼太郎」は、原作に「異形の存在」が描かれているが、当初は「妖怪」という呼称での存在として登場しておらず、「妖怪漫画」として定着するまでには幾つかの経緯が存在しました。

作中で明確に「妖怪」として現れてくるのは、貸本版『鬼太郎夜話』の第2巻からです。やがて、週刊少年マガジンに「墓場の鬼太郎」の掲載が始まるが、この段階でも「妖怪」としてはほとんど明確に言及されておらず、戦う敵の吸血鬼や夜叉も、怪奇的フィクションのキャラクターや怪物などを元のイメージとして描写されています。

鬼太郎は徐々に妖怪との対決路線へ変化し、「ゲゲゲの鬼太郎」改題後はより顕著となりました。鬼太郎のヒットとメディア戦略の足並みが揃ったことで、従来の伝承にあった「妖怪」の概念は波及し、妖怪ブームや鬼太郎の長期シリーズ化へと繋がっていきました。

作品のストーリーの多くは、鬼太郎が毎回新たな妖怪と対決するという話であり、前後の話や別シリーズとの繋がりは余り意識されていないです。鬼太郎や妖怪の基本設定は一貫しており、日本の妖怪文化に対する貢献も大きい作品です。

ゲゲゲの鬼太郎:猫娘のプロフィールをご紹介

出典:ゲゲゲの鬼太郎6期
出典:ゲゲゲの鬼太郎6期

身長:136cm

体重:29kg

※身長・体重共に原作設定。アニメ版は第3作以降(特に第3、5、6作)それ以上のより成人に近い体形となる。

年齢:鬼太郎より1歳年長(昭和28年生まれ)。

出身地:日本・東京都

居住地:初登場時、東京都調布市の下石原八幡神社の縁の下(中華そば屋・「八幡」の隣)[4]→化け猫長屋(2階に下宿)→ゲゲゲの森→妖怪横丁→再びゲゲゲの森

引用元:Wiki 猫娘

アニメ版でも人気の高いキャラクターである。本編内で人間ではないと言及されており、猫娘自身も「妖怪の一種」と語っているため、人間か妖怪か曖昧な存在となっています。アニメ版では第1作20話より登場し、第2作からはレギュラーとして出演しています。

猫娘は、赤を基調とした衣装にリボンをつけ、鬼太郎に恋心を抱いていることが描写されています。また、猫娘はアニメ版と同様の大きなリボンを結んだ姿が定着しており、容姿が大きく異なる場合もある。映画版においては、田中麗奈に合わせて身長158cmと設定されています。        

ゲゲゲの鬼太郎:猫娘に配役された声優をご紹介

山口奈々

『ゲゲゲの鬼太郎』1作目(1968-1969) - 山口奈々(※ゲスト出演)

山口奈々は、日本の女優、声優、ナレーターです。東京都出身。彼女は、テレビタレントセンター、松竹を経て青二プロダクション所属となり、創立メンバーの一人です。彼女の声種はアルトで、方言は名古屋弁。彼女は、タイガーマスクの若月ルリ子役を演じたことでも知られています。

小串容子

『ゲゲゲの鬼太郎』2作目(1971-1972) - 小串容子

小串容子は、1960年代後半に声優としてデビューし、日本では1980年代まで活躍していた女優でもあります。彼女は特に「ゲゲゲの鬼太郎(2作目)」の猫娘役で知られています。

しかし、1980年代になると表舞台での活躍が止まり、長らく消息が聞かれなくなっていました。しかし、後に野沢雅子、大塚周夫、山本圭子、永井一郎、八奈見乗児ら、小串と共演の多かった役者達からの証言によって、小串容子は1980年代前半にフランスへ演劇の勉強のために留学し、そのままフランスへ帰化して現在も居住していることが判明しました。同業界関係者の間では彼女のことがよく知られています。

三田ゆう子

『ゲゲゲの鬼太郎』3作目・地獄編(1985-1988) - 三田ゆう子

日本の声優、舞台女優。青二プロダクション所属。芝居の世界が好きで、子供のころから劇団に入団し、NHKの学校放送に出演。文学座附属養成所に入所し、卒業後、声の仕事に興味を持ちます。魔法少女アニメに縁が深く、ぴえろ魔法少女シリーズなどにレギュラー出演。現在もアニメ作品にゲスト出演しています。趣味は朗読、食べ歩き、旅行。

ゲゲゲの鬼太郎:猫娘に配役された声優をご紹介

西村ちなみ

『ゲゲゲの鬼太郎』4作目(1996–1998) - 西村ちなみ

西村ちなみは、日本の女性声優であり、中学3年生の卒業文集にて声優になることを目指しました。その後、81プロデュースに所属し、本格的な声優デビューは1994年の『超くせになりそう』の白鳥なぎさ役です。

彼女の音域はF - C♯で、ファルセットでG♯まで出せます。また、彼女の趣味は映画鑑賞、散歩、旅行、読書、ギターであり、野菜ソムリエの資格を持っています。彼女は過去に舞台経験があり、将来的にまた舞台に立ちたいという意欲を持っています。

また、『水曜どうでしょう』が好きで、自称「マニア」です。彼女は高校野球とプロ野球が大好きで、元々は読売ジャイアンツファンだったが、現在は福岡ソフトバンクホークスファンです。西村ちなみは、人物としても魅力的であり、多くのファンに支持されている声優です。

今野宏美

『ゲゲゲの鬼太郎』5作目(2007–2009) - 今野宏美

今野宏美は、日本の女性声優であり、ナレーターでもあります。北海道千歳市出身で、青二プロダクションに所属しています。彼女は、札幌大学経済学部を卒業し、1997年にセガサターン用ゲーム「センチメンタルグラフティ」で声優デビューしました。

その後、彼女は「パステル」という声優ユニットに参加し、その後再結成されました。彼女は、2007年に「ゲゲゲの鬼太郎(第5作)」の猫娘役や「らき☆すた」の小神あきら役で注目を集めました。今野宏美は、趣味としてゴルフと加圧トレーニングを行っており、北海道弁を話します。

庄司宇芽香

『ゲゲゲの鬼太郎』6作目(2018-2020) - 庄司宇芽香

声優神奈川県出身で、青二プロダクション所属。テレビアニメ『美肌一族』で初主演し、その後も数多くのアニメ作品に出演しています。2021年からは『ワッチャプリマジ!』の皇あまね役を務めています。趣味は猫観賞と宝塚観劇で、実際に宝塚歌劇団にも憧れていました。音域はF# - C(2オクターブ+4度)です。

ゲゲゲの鬼太郎:猫娘の実写に配役された役者をご紹介

田中麗奈

劇場映画『ゲゲゲの鬼太郎』シリーズ(2007–2008) - 田中麗奈

田中麗奈は、日本の女優です。5歳から女優を目指し、CMや映画に出演。1999年にドラマデビューし、2006年に映画『暗いところで待ち合わせ』で主演を務めました。2015年には、NHK BSプレミアムの『徒歩7分』とTBSの『美しき罠〜残花繚乱〜』に主演しました。私生活では、2016年に医師と結婚し、2019年に第1子を出産。趣味は茶道と中国語で、方向音痴であることを公言しています。また、魚を毎日食べるようにしているようです。

森川葵

オムニバスドラマ『水木しげるのゲゲゲの怪談』(2013) - 森川葵

多様な役柄を演じ、カメレオン女優として知られています。また、YouTubeチャンネル「葵のおたく」を開設し、ゲームプレイ動画等を投稿しています。最近では、連続ドラマ『賭ケグルイ』や映画『恋と嘘』で主演を務めています。彼女は編み物やアニメが趣味で、左利きです。彼女の初の写真集『Ebipilaf』がリリースされ、発売記念イベントに参加しました。

上坂すみれ

舞台『ゲゲゲの鬼太郎』(2022) - 上坂すみれ

上坂すみれは、日本の女性声優、歌手、ラジオパーソナリティです。彼女は、アニメ『パパのいうことを聞きなさい!』の小鳥遊空役で声優デビューを果たし、その後、多くのアニメやゲーム作品で活躍しています。また、自身のラジオ番組を持ち、2015年にはイラスト原画展を開催しています。上坂は、2016年に声優アワードの新人女優賞を受賞しています。最近では、『うる星やつら』の新作でヒロインのラム役を演じるなど、幅広い活躍を見せています。

ゲゲゲの鬼太郎:猫娘の能力をご紹介

  • 猫娘は、半妖怪であり、人間と妖怪のハーフである。
  • 猫娘は、人間よりも鋭敏な目・耳・鼻を持ち、猫と会話できる。
  • 猫娘は、格闘技術に優れており、猫譲りのジャンプ力とキック力を持っている。
  • 猫娘は、アニメ第5作ではカラス天狗の道場で武道を学び、かまいたちなどの強豪の相手とも組み合えるようになった。
  • 猫娘は、戦闘力が低いため、敵妖怪に無謀な戦いを挑んで返り討ちに遭い、鬼太郎や仲間たちに助けてもらうことがしばしばある。
  • 猫娘は、第6作では原作や過去のシリーズから一転して戦闘力が高くなり、鬼太郎ファミリーの頼もしい戦力として単独で敵妖怪を倒したり、鬼太郎の留守中に妖怪が起こした事件を解決したりするなど、鬼太郎に次ぐアタッカーとして活躍している。
  • 猫娘は、戦闘以外の駆け引きでは苦手な面もあり、ババ抜きで遊んだ際には連敗したことがある。

ゲゲゲの鬼太郎:猫娘の変遷をファンのコメントからご紹介

1期と2期のねこ娘に対しては、「この辺のデザインが今の猫娘像の元かな」といった意見が寄せられました。一方、3期のねこ娘は、三枚目的な役割を担う部分が多くなりました。

そして、4期のねこ娘には、「4期一番好き」「4期が一番可愛い」といったコメントが多く寄せられました。5期のねこ娘に関しては、現代的なデザインが好評で、「時代に合わせてちょっとづつ成長してる感すき」「より人間社会に溶け込んだ」といった意見が寄せられました。

また、パチンコ版「ブラック鬼太郎の野望」のねこ娘については、「かわいい」といったコメントが多かったです。最新の6期のねこ娘については、「公式による萌えキャラ化」「美人さん」「本編見たけど結構不気味に描かれてて良かった」といったコメントが寄せられました。

ゲゲゲの鬼太郎:ねこ娘人気ランキングTOP6をご紹介

ねこ娘人気ランキングTOP6

第6位:第1期(1968~1969年)

第5位:第2期(1971~1972年)

第4位:第3期(1985~1988年)

第3位:第4期(1996~1998年)

第2位:第5期(2007~2009年)

第1位:第6期(2018~2020年)

ゲゲゲの鬼太郎:猫娘がかわいいと話題!をご紹介

出典:ゲゲゲの鬼太郎6期
出典:ゲゲゲの鬼太郎6期

「ゲゲゲの鬼太郎」の第6期は、ヒロインの猫娘が大きく進化していることで注目されています。猫娘は、初登場から8頭身のスタイルに変化し、キャラクターの魅力がさらにアップしています。季節に合わせて衣装が変わるのもファンにとって見逃せないポイントの一つであり、その可愛らしい衣装にも注目が集まっています。

また、猫娘はツンデレな性格に変化し、鬼太郎のことを心配するようになりました。それまでは、鬼太郎に対して冷たい態度をとることもありましたが、今では彼を気にかけるようになっています。この変化は、猫娘の成長を感じさせるものであり、彼女のファンにとっても嬉しい進化です。

さらに、猫娘の衣装も季節に合わせて変化しています。第18話では、モンペ姿で登場し、第30話では映画館で猫娘コスプレをした姿が見られました。冬に入ると、白いジャケットとショートブーツを履いて登場し、第39話では赤いダウンコートを着用しています。これらの衣装は、彼女の個性や魅力を引き立てるものであり、ファンにとっても見逃せないポイントです。

総じて、猫娘の進化は「ゲゲゲの鬼太郎」の第6期の見どころの一つであり、彼女のファンにとっても嬉しい変化であると言えます。彼女の可愛らしさや成長を見届けるためにも、アニメを見逃さないことをおすすめします。

ゲゲゲの鬼太郎:猫娘が死亡?今後の展開に期待!をご紹介

出典:ゲゲゲの鬼太郎6期
出典:ゲゲゲの鬼太郎6期

猫娘が死亡したとされているのは、アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」第6期47話でのことです。

このエピソードでは、人間の赤ちゃんをさらう妖怪事件が解決され、鬼太郎が動画で生配信されることで、妖怪たちの好感度は一気に上昇します。しかし、この事件が引き起こしたのは、人間たちの妖怪への理解が悪い方向に流れ、ついには人間たちは妖怪を目の敵にするという事態でした。

犬山まなちゃんの母親からの招待により、猫娘はオメガに潜入し、母親が妖怪を操っているという情報を手に入れます。そして、猫娘が倒した人間は犬山まなちゃんの母親でした。しかし、この事件は名無しが関わっており、人間と妖怪たちを争わせ負の感情をエネルギーとして集めるためのものでした。

猫娘が消えた後、犬山まなちゃんの母親は妖怪と人間を争わせ、負の感情をエネルギーとして集めるために、器として利用されました。復活した名無しが鬼太郎たちの活躍で倒された後、猫娘は幼くなって再会します。猫娘が復活するには何かが足りないと考えられるため、今後の展開が注目されます。

このエピソードには、猫娘以外にも多くのキャラクターが登場し、物語は複雑な展開を見せました。例えば、犬山まなちゃんは拝みやの血筋を引いており、妖怪を倒すことができる力を持っていました。また、犬山まなちゃんは妖怪と人間が仲良くなれることを願っていたため、この事件で感情に大きな変化が現れました。

猫娘が消滅した後、鬼太郎たちは自分たちの住む森に犬山まなちゃんを連れていきました。そこで、なんと死んだはずの猫娘が再会します。しかし、その姿は幼い姿の猫娘で、精神的にも幼くなっているように思えます。鬼太郎が地獄に行って閻魔大王に頼んで連れ戻してきたとのことですが、猫娘は魂まで消滅してしまったと言われています。

このエピソードを通じて、妖怪と人間の関係性が描かれました。猫娘が消滅してしまうというショッキングな展開がありましたが、犬山まなちゃんとの再会により、物語は希望にあふれるものになりました。今後の展開がますます注目されます。

ゲゲゲの鬼太郎:猫娘、イラストをご紹介

ゲゲゲの鬼太郎:猫娘、フィギュアをご紹介

ゲゲゲの鬼太郎:その他のメディアのご紹介

出典:ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦
出典:ゲゲゲの鬼太郎 妖怪大激戦

「ゲゲゲの鬼太郎」は、日本の漫画家水木しげるによって生み出された、妖怪たちが登場する漫画シリーズです。その後、テレビアニメや映画、舞台など、多くの媒体で展開され、さまざまなファン層に愛されています。

特に、ゲームとしての展開も多岐に渡り、パチンコやパチスロを含む多数の関連作品がリストアップされており、ブラウザゲームや携帯アプリも展開されています。また、Yahoo!モバゲー、GREE、アメーバピグ、ポノスなどのモバイルコンテンツでも配信されています。

さらに、スーパーファミコンゲームやプレイステーションゲーム、ニンテンドーDSゲーム、ポップンミュージックにも登場しており、多岐に渡る展開があります。これらの展開により、「ゲゲゲの鬼太郎」は、幅広い世代に愛され、人気作品となっています。

ゲゲゲの鬼太郎:アニメのおすすめ視聴方法

DMMTV

U-NEXT

dアニメ

hulu

ゲゲゲの鬼太郎:猫娘・ねこむすめ・ネコ娘・ねこ娘は誰?かわいい?死亡?|ファンが徹底解説!のおさらい

「ゲゲゲの鬼太郎」シリーズのヒロイン「猫娘」が、第6期では大きく進化して話題になっています。猫娘は半妖怪のハーフであり、人間と妖怪の間に生まれた存在です。彼女は人間よりも鋭敏な目・耳・鼻を持ち、猫と会話することができます。

また、格闘技術に優れており、猫譲りのジャンプ力とキック力を持っています。猫娘は、アニメ第5作ではカラス天狗の道場で武道を学び、かまいたちなどの強豪の相手とも組み合えるようになりました。

しかし、戦闘力が低いため、敵妖怪に無謀な戦いを挑んで返り討ちに遭い、鬼太郎や仲間たちに助けてもらうことがしばしばあります。

猫娘のデザインも、シリーズごとに変化してきました。1期と2期のデザインが今の猫娘像の元になったという声があり、3期では三枚目的な役割を担う部分が多くなりました。

4期以降はより現代的なデザインになり、第6期ではキャラクターの魅力がさらにアップしています。季節に合わせて衣装も変わるので、ファンにとっては見逃せないポイントの一つです。

猫娘は、シリーズごとに人気ランキングが発表されています。第6期が最も人気があり、次いで第5期、第4期と続きます。また、ファンからは「3期が一番かわいい」「4期が一番好き」といった声も寄せられています。

猫娘の人気に関しては、デザインやキャラクター性が大きく影響していると思われます。

猫娘が死亡したとされるエピソードもありましたが、彼女は再び登場しました。猫娘が復活するためには何かが足りないと考えられるため、今後の展開に期待が寄せられています。

【重要ポイント】

・ 猫娘は半妖怪のハーフであり、格闘技術に優れている。
・猫娘のデザインはシリーズごとに変化しており、第6期が最も人気が高い。
・ 猫娘が死亡したとされるエピソードがあったが、再登場した。

漫画とアニメを電子書籍・VODサービスで楽しむなら

たかねぎ

以下がおすすめの電子書籍・VODサービスです。

漫画(電子書籍サービス)

無料漫画が豊富!【まんが王国】一般コミックLP

たかねぎ

まんが王国について・評判やデメリット・メリットが気になる方は、以下の記事をご覧ください

まんが王国:評判が悪い?ネット民の口コミやメリット・デメリットをご紹介

\毎日最大50%還元・期間限定最大80%ポイント還元/

まんが王国:公式ページ

〈電子書籍/コミックの品揃え世界最大級〉【ebookjapan(イーブックジャパン)】

新規登録で6冊70%OFF

ebookjapan:公式ページ

国内最大級の総合電子書籍ストア【BookLive(ブックライブ)】

マンガ1万冊以上がまるごと1冊無料で読めます。

BookLive:公式ページ

アニメ(VODサービス・サブスクリション)

エンタメ・アニメが見放題!【DMM TV(DMMプレミアム会員登録)】 *SEO用

\アニメ5,500作品以上配信中/

DMM TV:公式ページ

【U-NEXT ユーネクスト】※商品リンクあり

\35万本以上の動画を配信しております。/

U-NEXT:公式ページ

【Hulu フールー】

\人気映画・ドラマ・アニメなど100,000本以上!! /

Hulu:公式ページ

【Hulu | Disney+ セットプラン(フール― | ディズニー)】

\Huluとディズニープラスのセットプランが誕生/

Hulu | Disney+ セットプラン

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

たかねぎ

幼少の時から漫画やアニメに触れ、100タイトル以上体験しています。アニメ・漫画を通して人生を豊かになってほしいと考えています。私は、アニメ・漫画のおかげで友人も増えましたし、人生においても救われてきました。お世話になったアニメ・漫画を知ってもらうお手伝いのつもりで情報発信をしていきます。

-ゲゲゲの鬼太郎, 伝奇・妖怪(話題), 伝奇・妖怪(アニメ), 未分類
-